FC2ブログ

夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

日日是好日



上映時間:100分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(東京テアトル=ヨアケ)
初公開年月:2018/10/13
ジャンル:ドラマ
映倫:G
監督:大森立嗣
原作:森下典子
『日日是好日 「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)
出演:黒木華 樹木希林 多部未華子 原田麻由 川村紗也 滝沢恵 山下美月 郡山冬果 岡本智礼 荒巻全紀 南一恵 鶴田真由 鶴見辰吾



真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょいの二十歳の大学生・典子は、母から勧められて同い年の従姉妹・美智子と一緒にお茶を習うことに。稽古初日、茶道教室にやって来た2人は、“タダモノじゃない”と噂の武田先生に迎えられ、さっそく稽古を始める。しかし、意味も理由も分からない所作の数々に、ただ戸惑うばかり。大学卒業後、就職した美智子がお茶から離れてしまう一方、就職につまずいた典子は出版社でアルバイトをしながらお茶に通い続けるのだったが…。
<allcinema>

季節のように生きる。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


10 日日是好日


エッセイが原作で、この作品はそれを読んでるかのように描かれてると感じました。
学生時代に出会った茶道を通して長い人生に茶道があって喜びも悲しみも茶道によってより深く感じてるのではないかと。
そして全く知らない世界が不思議で近いようで遠いような感じ。
若い大学生の二人が最初に感じた事を同じように思いつつ、的確に答えが無い事を見終わるくらいには何となく答えを見出してしまえるような気になる不思議な感じ。

典子さんは大学に行き、就職はしなかったけど希望の仕事をアルバイトでして恋もして日々の生活がある、でもそれは毎週土曜日に行くお茶の稽古と家族だけが描かれてる。、それなのに彼女の人生と考えがしっかり見えてくるんですよね。いたって普通の家族、普通の親子関係、同じ年のしっかりした従妹、結婚が破談になるけど立ち直り新しい恋も出来て…そして悲しい別れも経験する…普通の人生と言えばそれまでだけど彼女には茶道があり、そのお稽古はいろんな事を考え答えを導き出すきっかけともなった。
お茶は型から入り後で心が付いてくるそうです。体が所作を勝手に覚えてきて初めていろんな事が見えてくるのかな?茶室というインドアな空間なのに外の自然を季節を感じるのがとっても不思議。
そしてお菓子は季節感いっぱいでおいしそうでした。

樹木希林さんは最初から年配の師匠ですが、20年後はさらに年齢を重ねたおばあちゃんであることを立ち振る舞いと所作で演じてるのがさすがと言うかすごいです。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー