夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

羊の木



メディア:映画
製作国:日本
公開情報:劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月:2018/02/03
監督:吉田大八
原作:山上たつひこ
いがらしみきお
出演:錦戸亮 木村文乃 北村一輝 優香 市川実日子 水澤紳吾 田中泯 松田龍平



過疎化が進む港町・魚深市の市役所に勤める月末は、上司から新たな移住者6人の受け入れ手配を任される。性別も年齢もバラバラな6人だったが、やがて月末は彼らがみな仮釈放された元殺人犯であることを知る。彼らの転入は、犯罪者の更生と過疎化対策の一環として、この町に10年間住み続けることを条件に刑期を大幅に短縮して釈放させる政府の極秘プロジェクトによるものだった。もちろん、そんな新住民の過去は一般市民には一切知らされることはなかったのだが…。
<allcinema>


信じるか
疑うか

素性の知れない男女――
彼らは全員、元殺人犯


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


02 羊の木

面白かったです。刑務所がいっぱいで仮出所の考えや過疎化対策もなんとなく納得なんだけど…いっぺんに数人って駄目だろう~しかも同時期って言うのが更に問題だよね。互いに出会わないようになんて小さな町では無理だろし。
更にある程度、警察も加入すべきでは?なんて思いますが…

海の町で6人の転入者は訳ありだった。彼らの事を任された市役所職員など彼らの正体はわずかの人しか知らない。
そしてその後すぐに見つかった不審死で担当職員の心がざわつく…
彼らが少しづつ社会に溶け込む様子や町ならではの奇祭の準備などが描かれながら転入者たちの過去も描かれる…
6人のうち一人はなんでこいつが仮釈放やねん?って男が居てるけど、それ以外は変われそうな人たちに見えるけど…そんな中にサイコパスが居てたのは想定外なんやろうね。
愛の中で夫を殺した女性は担当職員の父親と恋するし・・・、神経質で加害者だけど被害者でもあった女性は魚とかの死骸を土に埋めると魚の木が生えて来るなんて思ってるのが凄い不思議やった。でも、それってゴミ拾いしてるときに見つけた羊の木の絵の影響なんやろうね。刑務所で理容師の資格を取った男を受け入れた理容室の主人も同じ立場やったのはびっくりやけど、快く受け入れて…でも、凄い酒乱なのは困ったもんやね。年取って堅気になろうとした元ヤクザを受け入れたクリーニング店の店主の懐の深さにもびっくりやった。そしてどうしても馴染めない感じの釣り船で働く男はなんで仮釈放が認められた?逆に凄く馴染んでしまった宅配便で働く兄ちゃんが何とも無表情、無感情な感じやねんけどそれなりに人間関係を築けてるんだよね~ようは普通な感じ、だから怖いんやね。

6人は奇祭で出会い、全国紙に祭りの写真が掲載されたことによって物語は動き出します。

さりげに張った伏線が上手く回収されてて鑑賞後は満足でした。やっぱり神罰ってあるのかも?!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター