FC2ブログ

夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

不能犯




上映時間:106分
製作国:日本
公開情報:劇場公開(ショウゲート)
初公開年月:2018/02/01
ジャンル:サスペンス
監督:白石晃士
原作:宮月新
(作)『不能犯』(集英社『グランドジャンプ』連載)
出演:松坂桃李 沢尻エリカ 新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜


とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼ると、その願いが叶うという都市伝説がSNSで広まっていた。その願いは黒スーツの男“宇相吹正”によって本当に実現されていた。しかもマインドコントロールを駆使して行われるその犯行は、物証がないため自殺や事故として処理されていた。警察は宇相吹の存在に注目し、ようやく取り調べを行うも、マインドコントロールによってベテラン刑事さえもが手玉に取られてしまうのだった。そんな中、唯一マインドコントロールの効かない多田友子刑事が、凶行を繰り返す宇相吹に立ち向かっていくのだったが…。

愚かだね、人間は――

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



02 不能犯

物語の途中だけを見てる感じ…この原作漫画って未見だけど一話完結みたいな感じなのかなぁ?そんな感じが映画ではしました。

事件とかラストとかは良いんだけどね~なんて言うかこの不能犯の苦悩とか、どうしてそうせざる得ないのか?とか、負の感情を受け止める切なさとか、悪の中の善とかも解りやすく描いてくれたらちょっと嬉しかったかも?!
そして女刑事には通用しないマインドコントロールなんだけど、それは思考の共感とかみたいなこと言ってるけど、刑事も結局は刺しちゃうだよね~でも、清廉潔白みたいな感じで描いててそこは人間なんだから矛盾もありの苦悩とか葛藤とかもがく姿を描いても良くない?ようは誰一人、どの人物も深く描いてないんでイマイチ物語に入って行けませんでした。

不能犯、いつからそんな能力が備わったか知りませんが、依頼を受けて殺しをします。全く手を下さずマインドコントロールで心臓を止めちゃう。その殺意が純粋じゃなきゃ死は願った人間にも返ってくるらしい。人を呪わば穴二っつて事ですよね。最初の殺人は悪党だったけど、次は近所の小競り合い、結局は被害者のはずの妻が…生き別れの姉を呪ったり、警察だって同僚を恨んだりして…
それとは別に爆発事件なんかも絡んできますが、どちらの事件も同じ管轄内で同じ刑事が絡む。

で、肝心の不能犯はどうも自分を死に追いやってくれる人を探してるようです。

色々と突っ込みどころがあるけど、凄く気になったのは病院に爆弾を仕掛けられてて避難してるんだけど重症患者は置き去りかよ!ってところがやたらと気になりました。
因みに何も解決して無いです。その後の想像すらできずに終わってます。ただエンドクレジットがDNA二重らせんぽかったのは新鮮でした。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター