ライフ

07 ライフ

ジャンル:SF
原題:LIFE
製作年:2017年
初公開年月:2017/07/08
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間:104分
監督:ダニエル・エスピノーサ
出演:ジェイク・ギレンホール レベッカ・ファーガソン ライアン・レイノルズ 真田広之 アリヨン・バカレ
オルガ・ディホヴィチナヤ



国際宇宙ステーション(ISS)では、473日間も滞在しているアメリカ人医師デビッド・ジョーダンをはじめ6名の宇宙飛行士が活動していた。ある日、火星から帰還した無人探査機を回収した彼らは、火星の土壌の中に未知の微生物を発見する。それは彼らの予想を遥かに超えるスピードで成長し、高い知性も見せ始める。世紀の大発見に興奮するクルーたちだったが…。

人類の
夢も未来も
砕かれる

その<生命体(ライフ)>は 人間を餌に 進化する――。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
スペースホラーと言うのか?エイリアンと同じくくりですね。さすがに8時30分上映開始の作品を観ようと言う人は少なめで小さなスクリーンだったけどお二人様鑑賞でございました。

ISSで活動中の多国籍のクルーは火星からのサンプルを手に入れ未知の微生物を発見する事に…休眠中の微生物に目覚める環境を与えたらあれよあれよという間に増殖し実験用のマウスや人間を食らい巨大化していくと言うお話です。
無理が無いのはその微生物は知能はあるようだけど自分が生き残るためだけのものでシンプル。お決まりの機械の故障もあるけどそれは冷却材を餌として奪ったためと無理がない理由かな?時代は現代とも近未来とも提示してなかったけど…熱を出さずに機能する機械が出来るのはいつの事なんでしょうね?

殺そうと試みるのは最初だけで次の課題はいかに地球へ持ち込まないかという事ですね。
クルーはそれなりに悩みを抱えてて、そして互いを守り使命を果たそうとします。
そんなことはお構いなしのモンスター化した微生物はとにかく自分が生き残るために必死。

ラストはびっくりするくらいセオリー通りでなんだかデジャヴを感じましたが、よく作られてたとは思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード