夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

モーターサイクル・ダイアリーズ

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版
ガエル・ガルシア・ベルナル (2005/05/27)
アミューズソフトエンタテインメント
この商品の詳細を見る

製作年 : 2003年
製作国 : イギリス=アメリカ=ドイツ=アルゼンチン=ペルー
配給 : ヘラルド
上映時間 : 127分
原作 : エルネスト・チェ・ゲバラ 、アルベルト・グラナード
監督 : ウォルター・サレス
出演 : ガエル・ガルシア・ベルナル 、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 、ミア・マエストロ 、メルセデス・モラーン 、ジャン・ピエール・ノエル

1952年。23歳の医学生エルネストは、7歳年上の友人アルベルトと共に、ブエノスアイレスの自宅を出て、南米大陸を中古バイクで縦断する旅に出発する...

キューバ革命の英雄”チェ・ゲバラ“が学生の時に友達と行った南米大陸横断のロードムービです。

南米の素晴らしい歴史、そして現在は貧しく暮らすインディオ、土地を追われた共産主義者の夫婦、ハンセン病の患者や医師らと係わり、旅の終わりには彼の心に変化が訪れる…

恥ずかしながら…チェ・ゲバラなる人物を知りませんでした(^^ゞちょっと検索すると革命家でとっても激しい人だったようですが、この時の彼は少し穏やかでそして真っ直ぐな人間として描かれてましたよ。

正直で優しいエルネスト、友人は7歳上で普通の人でずるい考えも持ってるし(笑)でも、決して悪人では無く医療に関してはしっかり向き合ってる。
最初は好調な旅だったけど、恋人の所で少し足止めをくらったり、バイクが壊れたり、口八丁で食料や泊まる所を確保したり…喧嘩したりね。
だけど貧しく暮らすインカの人々などと出会い彼の心に少しずつ変化が現れる。
そしてハンセン病の病院を訪れた二人は更に規模の大きな病院へ向かう。
そこは病人を島に隔離したような立地条件の病院で島では介護側は必ず手袋をしてるの…
ハンセン病って確かに感染病だけど、感染力がかなり弱い病気だそうです。手袋はやっぱり差別なんだろうな~都心で最新の?医学を学んだ二人には無意味に見える手袋を最初から拒否し患者に不思議がられるけど直ぐに受け入れられる。
日本のハンセン病の隔離よりはマシなんだろうけど、やっぱり島に行くには深い川が横たわり安易には行けないの…差別は駄目!
だけど、もし目の前に見た目が変形した患者が居たら…やっぱり直視は出来ないんだろうな。
差別まではしなくても触れられないかも^_^;人間の心って温かくなったり冷たくなったり…

患者やスタッフにお誕生日を祝ってもらい新たに旅立つ決意をする二人。アルベルトは安定した働く場所、そしてエルネストの心には今までと違う感情が芽生える。彼を革命家として導く為の貴重な旅だった…

ロードムービーは色んな風景を見れること、中でもインカのマチュ・ピチュの遺跡が大変、素晴らしくって感動しました。

Comment

観ましたよぉ 

良かったですよね。
自分、大好きですこの作品!

思わず自分が男だったら...親友と...。
ああ~憧れますv-10
  • posted by ren 
  • URL 
  • 2006.07/19 12:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

renさまへ 

実は…最初…renさまは男性だと思っておりました~~~
ごめんなさい~

男同士って女性には解り難い友情ってありますよね^_^;憧れたりもするけど・・・
ハラハラもします(?_?)
  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2006.07/19 14:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

あははは 

よく言われます。
ってか自分から、そう仕向けている所も
ありますので(笑)
...で、ハラハラですか?ぷぷぷ。
  • posted by ren 
  • URL 
  • 2006.07/19 20:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター