夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

忍びの国



ジャンル:時代劇
製作年:2017年
初公開年月:2017/07/01
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:125分
監督:中村義洋
原作:和田竜
『忍びの国』(新潮文庫刊)
出演:大野智 石原さとみ 鈴木亮平 知念侑李 マキタスポーツ 平祐奈 満島真之介 でんでん
きたろう 立川談春 國村隼 伊勢谷友介


時は戦国。破竹の勢いで天下統一に突き進む織田信長。次男の信雄も伊勢国を掌握し、その隣国・伊賀に次なる狙いを定めていた。しかし、そこに住んでいたのは人を人とも思わぬ人でなしの忍者衆。中でも無門という男は、伊賀一の凄腕にして、どこまでも非情な忍びだった。ところが普段は無類の怠け者で、女房のお国にはまるで頭が上がらず、尻に敷かれる毎日を送っていた。そんな中、身内の死にさえ冷淡な伊賀の気質に疑問を抱いた下山平兵衛は織田軍に寝返り、彼らを伊賀へと手引きしてしまうのだった。

織田軍1万人VSオレ1人?
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


07 忍びの国


ある意味、史実なんでは無いかと思う。無門の身体能力以外は訓練すれば何とかなる技ではないでしょうか?
忍者は派遣されて利益を得る。それ以外は普通に百姓とかしてるけどお金ですべてが左右される。そこまで感情を排除するために家族関係は希薄で子供たちは貧しい村から買われてきて愛情では無く死も隣り合わせの厳しい訓練で育てる。死は悲しむものでなく弱い者の証明みたい。忍者を育て色んな国に派遣して仕事を得るにはそれで良かっただろうけど…愛国心も皆無なんで国が責められてもお金にならなければ普通に戦いを拒否して逃げる。何ともドライだけど、それを良しとして来た組織なんですよね。
そして最初に人として目覚めたのは伊賀の長を実の父に持ち同じDNAを持つ弟の存在があった平兵衛。
彼の存在は本当に切ない…そしてそれが父たちの罠だったと知った時、悲しみや愛とか人間としてのプライオリティを無門には理解してもらえない状況とかが余りにも悲しくって何故か彼に感情移入をしてしまった。
無門も最初は感情に希薄な感じですが、一目惚れで連れて来た妻のお国と接してるとあれ?みたいなのが芽生えて来るんですよね。そして色々と切ないです。命の重さも全く感じ無くって、でにそれを教えてもらえなかった切なさってあるんです。

伊勢の国事情、織田の息子の辛さなんかも描いてて…結局、誰もハッピーになってないよね~な感じが辛かったです。
時々入る語りがあの少年だとは思わなかったけど…どうもあかんな~ってイメージしか残らない。
作品としては見ごたえもあり、役もそれなりにハマってて面白いです。ただなんか希望とかあまり感じれなくって娯楽作品なのにその裏にある切なさみたいなんがいっぱい感じれてちょっと辛かったです。



コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー