22年目の告白-私が殺人犯です-



ジャンル:サスペンス
製作年:2017年
初公開年月:2017/06/10
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:117分
監督:入江悠
出演:藤原竜也 伊藤英明 夏帆 野村周平 石橋杏奈 竜星涼 早乙女太一 平田満 岩松了 岩城滉一 仲村トオル


1995年。東京で5人の命が奪われる連続殺人事件が発生、担当刑事・牧村の必死の捜査もむなしく、ついに事件は時効を迎えてしまう。すると突然、曾根崎雅人という男が自分が殺人犯だと名乗り出て、告白本の出版を大々的に発表する。メディアは曾根崎の大胆不敵な一挙手一投足を追い続け、瞬く間に本はベストセラーとなり、日本中に賛否渦巻くセンセーションを巻き起こす。遺族がそんな曾根崎に対して憎悪を剥き出しにする中、事件を追い続けてきたジャーナリストの仙堂が曾根崎を自身の番組に出演させるのだったが…。

すべての国民が、
この男に狂わされる。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

06 22年目の告白-私が殺人犯です-

面白かった!オリジナルは韓国の作品「殺人の告白」レンタルで見たけど本当に良かった。
大筋を知ってるので日本風にどうアレンジしてるのかも楽しみの一つでした。
22年前、阪神大震災やサリン事件と大きな出来事の中、連続殺人が行われてたと言う設定。重大事件にだけ時効が無くなったと言う法改正などを上手く使いよい作品に仕上がってました。
真犯人の設定を大胆アレンジして心的外傷のための心の闇まで描いてて面白かった。
ただ…微妙に役者の配役で予想が付いてしまう事がちょっと残念ではあったかも?!

最後の時効が成立してしまった連続殺人事件、なんと犯人が著書を発表しマスコミの前に出る。怒りをあらわにするも手を出せない警察、そして被害者家族の辛い心情。犯人など名乗る男の素性は解らないけどマスコミやネットユーザーに取り上げられ彼は一躍有名になる。復讐を計る遺族に身を挺して守るのが当時の担当刑事。犯人に対して理不尽な思いを抱きつつも被害者家族を守ろうとする…でも犯人の著書に違和感を感じたニュースキャスターが自身の番組に生で出演させ対峙する。キャスターにとっても22年前の事件には因縁があった。でも、本番中に本当の犯人だと名乗る男の動画が紹介されて、真相はいかに???

オリジナルのさらなるトリックが隠されてたのは嬉しい限りです。
現実と回想シーンではスクリーンサイズが変わるので解りやすかった。
そして第6の殺人と時効などが絡み収束に向かいます。

予告編とは違うセリフにもやられた感があるかな~
でも、リメイクとして日本が舞台と言う設定を最大限に生かして成功してると思いました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード