夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

花戦さ




ジャンル:時代劇
製作年:2017年
初公開年月:2017/06/03
製作国:日本
配給:東映
上映時間:127分
監督: 篠原哲雄
原作: 鬼塚忠
『花いくさ』(KADOKAWA刊)
出演:野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市 高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川葵 吉田栄作 竹下景子


 戦国時代。京の中心・六角堂に変わり者の花僧・池坊専好がいた。ある日、誰もが恐れる織田信長の前でいけばなを披露することに。そしてその席で出会った千利休と豊臣秀吉が、後に専好の運命を大きく変えていく。それから十数年。秀吉は天下人として世に君臨し、利休はその茶頭となっていた。そんな利休と再会した専好は、茶と花の違いはあれど共に美を追い求める者同士、互いに認め合い友情を深めていった。一方、秀吉の専横ぶりはいよいよ手が付けられなくなり、ついに利休もその毒牙にかかって命を落としてしまう。やがて専好は暴君と化した秀吉に対し、花でもって敢然と立ち向かう一世一代の大勝負に出るのだったが…。

花で暴君を討つ! その秘策とは?

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村


06 花戦さ

華道は仏様にお供えする事から始まったのかな?シンプルな花にと言うか日本古来の野の花の愛らしさにダイナミックな松など本当に素晴らしかったです。
専好が信長のために生けた松が画面に映し出された時に鳥肌がたちました。
専好と言う人物を知らなかったのですが、彼は自由を愛し素直な人柄で…そして顔や名前を覚えれない?それって…まぁ事実はどうでも良いか?そんな人だから繊細でダイナミックな生け花が出来たのかもね?
わびさび?難しいし感覚が全てだと思うけど利休と専好は形さえ違えど同じところで共鳴しあってるように見えました。
そして利休の苦しみを切腹した訳を一番理解してるのも専好だったのよね。彼は大事な人を何人も殺されてるのに関白に仕返しとかじゃ無く癒し真意と大切なことを気が付かせようとして戦いに挑むんだよね。さすがにお坊様!ってだけじゃなく本当に慈悲深いと言うか、そんな人が本当に居るんだろうか?なんて思ったりもします。

利休の追い詰められた感じや関白の心の空白と言うか寂しさや負い目のような心の闇も感じられ、人とは弱い生き物なんだと実感しました。

ちょっとしか出ない俳優も有名どころが出ててびっくりでした。そして萬斎さんの表情が解りやすいと言うか顔全体が動くのね…
物語も良いんだけど、なんて言うか何度も見たくなるお気に入りの?シーンが多かったです。
仏様にお仕えして無心で花を生けて、それで人々の心も癒すって良いですね。

現代は寺から離れて華道が独り歩き?茶道も?始まったきっかけなんかを考えるとなんだか今のとは全く違うイメージしか持てないのは何でかな?なんてちょっと思いました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター