パトリオット・デイ



ジャンル:ドラマ
原題:PATRIOTS DAY
製作年:2016年
初公開年月:2017/06/09
製作国:アメリカ
配給:キノフィルムズ/木下グループ
上映時間:133分
監督:ピーター・バーグ
出演:マーク・ウォールバーグ ジョン・グッドマン ケヴィン・ベーコン J・K・シモンズ ミシェル・モナハン ヴィンセント・カラトーラ アレックス・ウォルフ テモ・メリキゼ マイケル・ビーチ ジェームズ・コルビー


2013年4月15日。50万の観衆がつめかけた地元の一大イベント“ボストンマラソン”の警備に当たっていた殺人課の刑事トミー。人々の大声援を受けてランナーたちが次々とゴールする中、彼の背後で突然の大爆発が起こり、多数の負傷者が出て現場は大混乱に陥る。トミーら地元警察官が救護活動と事態の収拾に奔走していると、FBIのリック捜査官が現場に到着、すぐさまテロと断定、そのままFBIが捜査の陣頭指揮を執ることに。やがて周辺の地理に詳しい地元出身者として捜査に協力するトミーだったが…。

最大の危機は、
最大の奇跡を生む――

50万人の観衆で賑わう、ボストンマラソンを襲った爆弾テロ。
犯人特定から逮捕までの驚くべき102時間を描く、奇跡の<実話>!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

06 パトリオット・デイ
冒頭、深く関わる人々の日常を丁寧に描く。そして事件の日、それは突然に起こる。
テロの無意味さも感じるけどテロの衝動を起こさせる原因をいつも考える…なぜ資本主義はテロの標的になるのか…
犯人の心情はほとんど描かれておらず動機もささやかな暗示だけ…事件が起こり、それを解決しさらなる被害が出ないように奮闘した人々の話なのかな?ラストの愛で締めくくろうとした演出は少し鼻に付く感じはしますが、良い作品だと思いました。
ドキュメンタリーのような印象が残るのは当時の実際の映像もあるからなんだろうと思います。

爆弾は地面に置かれたので足を負傷する人々がほとんどの中、背の低い子供が犠牲になったのが何とも痛ましい。
そしてその子供の死因となった爆弾の破片も貴重な物的証拠だとし遺体が長時間放置されてるのが切なく、その遺体の側でずっと付き添う警察官の心情が垣間見え辛かったです。

犯人が逃亡する際に警官の銃を奪おうとして襲うけど死と引き換えに拳銃を守った警察官の義務感と責任。
一般地人だけど車を奪われ人質となった男の勇気…そしてその場限りの行動をする犯人の愚かさ…幼い子供を持ち日常を描きながら夫や義弟の犯行を知る妻の存在が実は一番怖いかも?なんて思った。

丁寧にそしてイスラムを敵視することなく丁重に描かれた作品でした。
エンドクレジット前に実在の人物のインタビューが長く感じたりもしましたが素晴らしかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード