夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ちょっと今から仕事やめてくる



ジャンル:ドラマ
製作年:2017年
初公開年月:2017/05/27
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:114分
監督:成島出
原作:北川恵海
出演:福士蒼汰 工藤阿須加 黒木華 森口瑤子 池田成志 小池栄子 吉田鋼太郎


ブラック企業で働く青山隆は上司のパワハラに苦しめられ、極度の疲労から危うく駅のホームで電車にはねられそうになる。そのとき彼を救ったのは幼なじみだというヤマモトだった。しかし青山はどうしてもヤマモトのことを思い出せない。それでも、陽気なヤマモトと過ごすうちに本来の明るさを取り戻し、仕事でも成果をあげるようになる青山だったが…。

僕に勇気をくれたのは、
得体の知れないヤマモトでした。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



05.jpg

予告ではゴースト?なんてイメージを誘導してましたがそんな訳ではありません。
冒頭、上映スクリーンを間違えたのか?って言うくらいファンタジックなシーンでちょっとびっくりした。しっかりラストに結びついてましたが…

青山は就活に出遅れとにかく内定をもらった会社で働き始めたがかなりのブラック企業で追い詰められてた。衝動的に自殺を図ろうとしたところに小学校の同級生と名乗る山本に助けられる。彼の存在は少しだけ青山の心を温かくする。
だけど仕事は相変わらず、そして山本は実は同級生じゃ無かった。それでも二人は改めて友人となるのだけど山本は実は3年前に自殺してた???幽霊なのか?なんて思いながら、自分が元気になって山本に成仏してもらおうと頑張る青山は本当に良い奴だわ。だけど仕事はことごとく失敗、もうダメだって時にまた山本に救われる…青山は家族に会いに行き自分の存在価値を見出しそしてある決心をし山本に告げて実行。でも青山がもう大丈夫って時に山本は姿を消す…

実際に救われたのは山本かも知れませんね。青山に出会い、青山が自分の居場所を見出した時、山本も居場所を見つけたのかも…
それにしても青山鈍すぎ!どう考えても3年前に自殺した山本の…やろ!

青山が務める会社のブラックぶりはかなりデフォルメされてましたが、似たような会社はいっぱいあります。それに受け手側からとったら普通の会社だって十分にブラックじゃんって思えると思う。その辺の兼ね合いが難しいかも知れませんね。
庇ってくれたトップ営業マンの先輩の闇、古い体質がしみ込んだ部長の闇…ここまで酷くなくってもやっぱり似たり寄っただよ!企業はと思ってしまうんですよね、

働くって難しいね。確かに会社やトップが代われば才能が開花するかも知れないけど、まずは何をやりたいか!なのかもね?
でも、それって意外と簡単に見つからないんだよね。だから色々と折り合いを付けなきゃ仕方ないんじゃ無いかな?でも、死が見えたらやっぱりそこから逃げるべきだとも思うな。人生は自分のためだけじゃなく愛してる人、愛してくれる人のためでもあるんだもんね。
山本の背負った人生は辛いものだったけど自分のしたい事や出来ることをしっかり見出してたのが凄いと思う。それでも青山に会うまでには凄い葛藤だったんだろうとも思う…
青山の物語がメインで山本の事は会話だけで駆け足な気もしたけど、誘われなくても山本のところへ行けよ青山!って思いました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター