メッセージ





ジャンル:SF
原題:ARRIVAL
製作年:2016年
初公開年月:2017/05/19
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間:116分
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原作:テッド・チャン
『あなたの人生の物語』(ハヤカワ文庫刊『あなたの人生の物語』所収)
出演: エイミー・アダムス ジェレミー・レナー フォレスト・ウィテカー マイケル・スタールバーグ マーク・オブライエン ツィ・マー



ある日、宇宙から飛来した巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。その目的が判然とせず、世界中に動揺と不安が広がる。やがて、最愛の娘ハンナを亡くした孤独な言語学者ルイーズ・バンクスのもとに、アメリカ軍のウェバー大佐が協力要請に訪れる。こうして同じく軍の依頼を受けた物理学者のイアンとともに、アメリカに飛来した飛行体の内部へと足を踏み入れたルイーズ。7本脚の異星人との接触を試み、飛来の目的を探るべく彼らが使う言語の解読に没頭していくのだったが…。

ある日突然、巨大飛行体が地球に。
その目的は不明――

言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


05 メッセージ

説明が少なくって結果が解りにくく時系列も混乱し???が頭をよぎる今作は大好きです。
地味な作品ですが良かった~エイリアン?のメッセージは完全なる言葉足らず、互いに未知の関係ならままあらんでしょう。
意外と目的ははっきりしますが、それは現代人に向けての本当のメッセージと言うか願いなのかも?!
彼らも自らの為にやってきてるんだけど…でも、未来はいくつかの選択の結果でずいぶん変わると思うのである意味、賭けのような気もするなぁ~
未来が解ってて、それがハッピーじゃないけど受け入れますか?未来が予想通りに動くのなら運命として決定されてるのでしょうか?
言語学所のルイーズの娘は過去なのか?未来なのか?ずっと未来を見て悩まされてたら…それはちょっと不幸なのではないか?ただ死は運命だけど対応は変えられるのかも知れないですね。凄く抽象的ですが本当にこの手の作品が大好物です。

だって監督の意図を読み違えてても受け手側の鑑賞者で勝手に考えられるって面白いと思うんですよ。

冒頭に娘の誕生と病気で亡くなるまでを描いてるから勘違いするんだよね~
言語学者のルイーズの大学の授業は人気がない様で、今日も一層少ない生徒数だけど次々と着信音がなり、テレビをつけると非常事態。彼女の下に軍が現れ正体不明の生命体との意思の疎通をしたいから協力しろと連れていかれ物理学者のイワンと共に接触する。言葉は全く解読できずルイーズは文字をホワイトボードに描くとエイリアンも自らの文字を描く。それを解読してなんとか片言の会話が出来るようになる。それはアメリカだけじゃ無く、世界各国12か所でも試みられ、各国は互いに連絡を取り情報を共有してたけどエイリアンが武器の意思表示をすると危機感を優先させる国は孤立を計り始め、結局は各国の個別対応のような状況になってしまう。そんな中ルイーズは武器=道具かも知れないもっと対話をと言うのだけど…
そして彼女の脳裏には娘の事が鮮明に表れそれがヒントになったりするんだけど、それは過去の思い出かそれとも未来の事なのか…って事が最後の最後で解らなくなってそこがまた面白いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード