夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

聲の形



ジャンル:アニメーション
原題:The shape of voice
製作年:2016年
初公開年月:2016/09/17
製作国:日本
配給:松竹
上映時間:129分
監督:山田尚子
原作:大今良時
(講談社コミックス刊)
声の出演:入野自由 早見沙織 悠木碧 小野賢章 金子有希 石川由依 潘めぐみ 豊永利行 松岡茉優



 楽しいことが全ての小学6年生のガキ大将、石田将也。ある日、耳の聞こえない少女、西宮硝子が転校してくる。将也は硝子を無邪気にイジメるようになり、他のクラスメイトたちも追随し、硝子への悪質なイジメや嫌がらせが常態化する。やがて硝子は転校を余儀なくされる一方、将也はクラスメイトたちの裏切りに遭い、イジメ問題の責任を一人で背負わされ、周囲から孤立することに。それから5年、すっかり心を閉ざしたまま高校生となっていた将也は、ある決意を胸に硝子のもとを訪ねるのだったが…。

君に生きるのを
手伝ってほしい


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

これは冒頭からまずいとしか感じなかった。悲しいと言うか切ないと言うかどうしようもない焦燥感みたいな、見ちゃダメな作品だと思いつつ見てしまう。
怖いものが無くって好奇心が旺盛で世間は狭い小学生…楽しく生きてる彼らのクラスに聴覚障碍者の西宮が転校してくる。
最初は面倒を見る女子生徒だけど煩わしくなってくるんだよね。西宮は必至だけど何というか自分に自信も持てず不器用かも?そしてガキ大将だった石田は気になりつつも虐めてしまう。と言うか虐めでなくどう接したらよいか解らない感じ…更に好きな子には意地悪する心理みたいなお子様男子的要素もあるかも?でも、結局は先生に指摘されクラスの友人は庇ってくれず、今度は自分が無視され虐められることに…しかも母親には金銭的迷惑までかけてしまう。
彼は中学校でも孤立、高校に入っても周りの会話を聞かず、クラスメイトの顔すら認識する事を拒否してしまい、小学校の時に迷惑をかけたお金をアルバイトでため、母に返しそして自分はこの世の中から消えることを考える。最後に西宮から取り上げたノートを返すために会いに行く…そして出会ったことで石田は取りつかれた死から解放される。
二人は関わることになり、そして姉の西宮を守る妹や小学校の時のクラスメイト、高校生の友人なども関わるんだけどね…なんかね~辛いの。あ…障碍者ってこんなに辛いんだ…うまくいかないんだ…絶望するんだ…
そして本当に障害を理解できない人も居てて…また同情する事で満足する人も居てて、核心に触れると逃げ出す人も居てるんだ~でも、その誰も批判できないその誰の対応も理解できる…そう思うと切なくって辛くって息苦しかった。

気になったのは西宮も石田も母子家庭だったことかな…障害は個性の一部だけどやっぱり健常者社会では生き辛いんだよね。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター