2017_05
09
(Tue)17:09

カフェ・ソサエティ




ジャンル:ロマンス
原題:CAFE SOCIETY
製作年:2016年
初公開年月:2017/05/05
製作国:アメリカ
配給:ロングライド
上映時間:96分
監督:ウディ・アレン
出演:ジーニー・バーリン スティーヴ・カレル ジェシー・アイゼンバーグ ブレイク・ライヴリー パーカー・ポージー クリステン・スチュワート コリー・ストール ケン・ストット


 1930年代、黄金期のハリウッド。業界の大物エージェントとして活躍するフィル・スターン。ある日、ニューヨークの姉から電話があり、息子のボビーがハリウッドで働きたいというので面倒を見て欲しいと頼まれる。やがてボビーが現われると、秘書のヴェロニカ(ヴォニー)に街を案内させる。美しいヴォニーにすっかり心奪われるボビーだったが、彼女にはワケありの恋人がいた。その後ニューヨークへと戻ったボビーは、ギャングの兄が経営するナイトクラブの支配人となり頭角を現わしていく。そんなある日、奇しくもヴォニーと同じヴェロニカという名の美女と出会い、たちまち恋に落ちるボビーだったが…。


ひとりの男と
ふたりのヴェロニカ


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

05 カフェ・ソサエティ

当然だけどウディ・アレンらしい作品でした。
会話が回りくどくって字幕を読むのが面倒になるくらい(笑)
でも、最後まで見ると面白かったなぁ~って思っちゃうのが不思議なんですけどね。
内容は相変わらずの恋のお話、人生で何度も選ぶ時があるけど…数年経ってからもし違ったら?って考えることもあるよね。
そして最愛の人と巡り合って別れてしまったら…その恋心を抱えたまま、新しい恋をしてもそこに責任が伴っても心に上書きはされないのかな?なんて思ったことはあまりありませんが?そう言う恋をしてないからか性格からかは解りませんね。
でも、互いにそう思っていても結局は分かれ道を選ぶしかなくってまた愛し合うなんて夢でしかない…かな?

ニューヨークから叔父を頼って出てきた青年は叔父について仕事を始める。その叔父の秘書をしてる女性に恋するけど、彼女には恋人が…でも、相手は妻帯者で結局は彼と別れた彼女を青年は慰め新しい恋が始まる。青年は一途にストレートに愛するけど、彼女は妻帯者の下へ戻る。その妻帯者はなんと叔父だった…憔悴し家族の下に戻った青年は兄が経営するクラブの支配人へと収まり、才能を発揮する事に…そして美しい妻を出会い子供が出来る。
数年後、叔父が愛しい彼女とクラブを訪れ、そして二人の心にあの時の情熱が蘇る。
何度も二人で出会うことになるけど、二人が選ぶ道は…

ちょっと切なくってよいラストだと思いました。

青年の家族の話もお兄ちゃんの犯罪者ぷりはびっくりだったけど結構よいスパイスだったかな?!

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント