2017_04
24
(Mon)20:07

3月のライオン 後編



ジャンル:ドラマ
製作年:2017年
初公開年月:2017/04/22
製作国:日本
配給:東宝=アスミック・エース
上映時間:140分
監督:大友啓史
原作:羽海野チカ
(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 佐々木蔵之介 加瀬亮 伊勢谷友介 前田吟 高橋一生 岩松了


将棋しかなかった桐山零が川本家の三姉妹と出会ってから1年、再び獅子王戦トーナメントが始まる。しかし零の義父にして師匠の幸田は引きこもりの息子・歩にケガをさせられ、緊急入院で不戦敗に。香子も未だにA級棋士・後藤との関係を終わらせることができず、幸田家は崩壊寸前に。そんな中、川本家ではひなたがクラスでいじめのターゲットになってしまう。追い打ちを掛けるように、別の女をつくって家を出て行った父親が突然現われ、悪びれる様子もなく耳を疑う要求をして3姉妹を大きく揺さぶり始めるのだったが…。

闘い続けるあなたが
輝く一手は、必ずある。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

04 3月のライオン 後編
後半は関わってた人々との繋がり、桐山が気が付かなかった事にようやく気が付いて決勝戦に向かう様子で終わるラストは素晴らしかったですね。桐山の成長物語としてはここで終わるのが正解、だって決勝は今までとは全く違う気持ちで挑んでいくんだから…
でも、そこに至るまでの数々の苦しい思い、うまく表現されない思いを乗り越えて次の一手にでるしかないよね。
人生なんてそんなもんだけど、それが難しくって苦しくって切ないんだもん。そしてうまく行かないもんなんだけどね~
桐山や彼の周りの人々は頑張ってました。川本家3姉妹の決断、幸田の娘へ対する思いなどなど…なんで互いの事を思いながら伝わらないのかな?なんて思います。でも、思いやりの連鎖ってちょっと心地よいかも?!

上手く伏線が解消できてない話もあったけど、そこスルーするんだ?なんて思ったけど、見ごたえがあって良かったです。
やっぱり前後編を続けて見るのって良いです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント