夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

3月のライオン 前編



ジャンル:ドラマ
製作年:2017年
初公開年月:2017/03/18
製作国:日本
配給:東宝 アスミック・エース
上映時間:139分
監督:大友啓史
原作:羽海野チカ
(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 染谷将太 清原果耶 前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる


東京の下町でひとり暮らしをしている17歳の青年、桐山零。9歳の時に交通事故で家族を失い、父の友人である将棋のプロ棋士、幸田柾近に引き取られた彼は、将棋しか生きるすべはないと強い覚悟で勉強を重ね、史上5人目の中学生棋士としてプロデビューを果たす。しかし一緒にプロを目指していた幸田の実の娘・香子は、実力の世界の厳しい現実を突きつけられ、親子の関係にも暗い影を落としてしまう。責任を感じた零は幸田家を出て、下町にアパートを借り、1年遅れで高校にも通い始める。そんなある日、具合が悪くなって道端に倒れていた零は、近くに住む川本あかりに助けられ、彼女の自宅で介抱される。以来、面倒見のいい長女あかり、がんばり屋の次女ひなた、天真爛漫な末っ子モモという明るい川本3姉妹との思いがけない交流が始まる零だったが…。

闘う、愛したい、生きる。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

04 3月のライオン 前編
漫画が原作なんですよね。最近…多い。どう描くかは監督次第なんだけどね。
今作は面白かったです。原作は未見なんですが、もう少しだけ将棋の知識があればもっと面白かったかな?って思いました。
奇しくも本日、中学生でプロ棋士になった子が羽生さんに非公式だけど勝った!ってニュースが余りにもリアルタイムすぎてびっくりだったわ。

幼いころに両親と妹を事故で亡くした桐山君は親戚関係がよろしくなく幼心に途方に暮れてた時に父の友人でプロ棋士の幸田に声をかけられ引き取られる。だけど幸田の実の子達には疎まれる…と言うか桐山君は将棋でしか幸田と繋がっていなくってその細い糸を切らさないために必死だったのよね。そりゃ将棋に対する意気込みも違うでしょ…
だけどどうしても居づらくなりプロとして収入を得れるようになると幸田の家を出ていく。
全編は色んな人に出会います。なんやかんやと面倒を見てくれる先輩や難病を抱える良い意味でのライバル、家族の温かさを教えてくれる川本家との出会いも彼にとっては大きかったでしょ。将棋ばかりで学校では友達もいない桐山をちょっかいを出しながらも見守ってくれる教師、そして幸田以外の師との出会い…
彼の心に蓄積されてる黒い部分を少しずつ解放させてくれる人々…
そして苦しくなると逃げて来る幸田の娘で義理の姉…
更に将棋に関わる人々の人生なんかを垣間見せながら前半は終わります。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー