夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

キングコング:髑髏島の巨神 2017-04-10-Mon



ジャンル:アクション
原題:KONG: SKULL ISLAND
製作年:2017年
初公開年月:2017/03/25
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:118分
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン サミュエル・L・ジャクソン ジョン・グッドマン ブリー・ラーソン ジン・ティエン トビー・ケベル ジョン・オーティス コーリー・ホーキンズ ジェイソン・ミッチェル シェー・ウィガム トーマス・マン テリー・ノタリー ジョン・C・ライリー MIYAVI


泥沼のベトナム戦争が終結を迎えつつある70年代前半。南太平洋上に未知の孤島が発見され、米国政府特務機関“モナーク”によって編成された調査隊が派遣される。リーダーを務めるのは、ジャングルでのサバイバルに精通した英国陸軍特殊空挺部隊の元兵士コンラッド。メンバーはほかに研究者にカメラマン、ベトナム帰りの米軍ヘリ部隊を率いるパッカード大佐といった面々。しかし調査のために爆破を繰り返す一行の前に突如、あまりにも巨大な生物キングコングが現われ、ヘリコプターを次々と破壊し始める。その圧倒的な破壊力に為す術もない人間たちは、この恐るべき生物から逃げ延び、一刻も早く島から脱出すべく決死のサバイバルを繰り広げるのだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


04 キングコング:髑髏島の巨神

どうしようかずいぶん迷たんだけど…とにかく見ておこう。映画館の方向へ向かう事だし寄り道~って感じで鑑賞。
まぁ面白かったですよ~でも、戦いのシーンが続くと最近、どうも飽きちゃうと言うか集中力がなくなってる?そんな気がする。

時はベトナム戦争が終焉を迎えた時代、未知の島や生物を調査する組織が衛星で未知の島を見つけて調査に行く。
ベトナム戦争も終わってほとんどの兵士は帰国できることを喜ぶ中、戦争フリークの大佐は浮かない顔…そんな彼に元に民間調査隊を島へ輸送し護衛する仕事が回ってきた。
島は嵐の雲に阻まれてるけどヘリは見事に嵐を抜け島へ到着。早速、地質調査のためと言いつつ爆弾を落として調べ始めるけどヘリがいきなり墜落、そして巨大なゴリラ登場。
仲間は島で二組に別れてしまった。高額で雇われた傭兵の下には多くの民間人が、大尉は部下たちと一部民間人。でも、この大尉ってのが部下をいっぱい殺されてコングに復讐を考える。
一方、民間人多数のグループは数十年前に墜落して島で暮らす軍人と現地人に出会う。
この島には巨大な生物が暮らしてるが島を守ってるのはコングらしい…コングも家族を殺されちゃって今は1頭らしい、最悪な敵は巨大な爬虫類みたいな奴で地下で暮らしてるけど調査のための爆破で呼び出してしまったらしい…
無秩序の中の秩序を無条件に破壊するのは人間で、結果自分が悪いのに相手を憎むと言う相変わらずのパターンです。
報道カメラマンでくっついてきたヒロインとの接点はかなり少なめでしたが、徐々にコングはそう悪い奴じゃないんだよね?って事。
でも大尉は目の敵、結局は自業自得の末路だったりしますが、巻き込まれた部下が本当に気の毒で…
そして助かって欲しい!って思ってた人が予定調和のごとく助かってうれしかった。

今日は新学期も始まったことだし封切も少し前だったので計6名で鑑賞だったけど5名がエンドクレジットが始まった途端に席を立って…クレジットが終わった後のショートストーリーを観ずに帰って行かれました。もったいない…
相変わらずの続編へ続くストーリーなんですが面白そうです。ゴジラとの対決は既に決まってたようなので布石ですね。
なかなか印象的でした。

CATEGORY映画館  Comment 0 △Page Top

« 夜は短し歩けよ乙女 | ホーム | パレードへようこそ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

| ホーム |