ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命



ジャンル:ドラマ
原題:JACKIE
製作年:2016年
初公開年月:2017/03/31
製作国:アメリカ=チリ=フランス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
上映時間:99分
監督:パブロ・ラライン
出演:ナタリー・ポートマン ピーター・サースガード グレタ・ガーウィグ リチャード・E・グラント ビリー・クラダップ ジョン・ハート キャスパー・フィリップソン ジョン・キャロル・リンチ ベス・グラント マックス・カセラ コーリイ・ジョンソン エイダン・オヘア ラルフ・ブラウン デヴィッド・ケイヴス


1963年11月22日、ジョン・F・ケネディ大統領がテキサス州ダラスでのパレード中に狙撃され、命を落とす。悲しみに暮れるファーストレディ、ジャッキーを待っていたのは、新大統領に就任するジョンソン副大統領への引き継ぎや葬儀の準備、さらには幼い子どもたちに事実を説明するといったやらなければならないことの数々。そんな中、夫が後々まで決して忘れ去られることのない、厳かで立派な国葬を執り行うと心に誓うジャッキーだったが…。


ケネディ暗殺から4日間、
彼女は、最愛の夫を伝説に変えた――


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

04 ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命

憔悴しきってるジャッキーを演じてるのにナタリー・ポートマンはとっても綺麗でした。
綺麗な人はどんな状況でも美しいんですね。

暗殺されて葬儀が行われるまでを描いてます。ジャッキーが上手くマスコミを使ってる様子は、ファーストレディーになった時にホワイトハウスに記者を入れて取材を受けてる様子で理解できる。

物語は全てが終わって記者にインタビューされるところから始まります。
ジャッキーがいかにマスコミに関わったか、彼女の人となりを描き、それに伴う回想シーン。そして暗殺された前後も含めた様子、周りの状況、幼い子供たち、そして夫を暗殺された大統領としてどうやって人々の心に刻んだか…

暗殺され遺体を輸送する飛行機の中で副大統領の就任式をするってどうなんやろう?って思ったけど…

漂う悲しみの中で執り行う最後の仕事…それを立派に勤め上げたファーストレディー。

切なくって苦しい作品でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード