2017_03
24
(Fri)13:58

パッセンジャー



ジャンル:SF
原題:PASSENGERS
製作年:016年
初公開年月:2017/03/24
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間:116分
監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ジェニファー・ローレンス クリス・プラット マイケル・シーン ローレンス・フィッシュバーン アンディ・ガルシア


20××年。新たなる居住地を目指す“人類移住プロジェクト”として、5000人の乗客<パッセンジャー>を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が地球を出発。目的地の惑星到着まで120年、冬眠装置で眠る安全な旅であった。だが乗客の中で、なぜか二人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう……。エンジニアのジム・プレストン(クリス・プラット)と作家のオーロラ・レーン(ジェニファー・ローレンス)は、絶望的状況の中でお互いに惹かれ合っていく。そんななか、彼らはなんとか生きる術を見つけようとするが、予期せぬ出来事が二人の運命を狂わせていくのだった……。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
03 パッセンジャー

ちょっと期待度が高かったかな…まぁ悪くは無いけど、取り立てて良かった~って点もなく無難に仕上がったデートムービーって感じでした。最近よく出てるクリス・プラットがかなり気になる俳優さんです。認識はSFコメディー?の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でした。夏には2作目が公開になるようで楽しみです。

今作、コメディー要素は無いけど突っ込みどころは結構あるのかも?!
完全自動運転で宇宙船のクルーですら冬眠状態の中、宇宙船は予期しないトラブルに見舞われます。小さな不具合は修復されるのだけど、一部エラーのままで誰も当然気が付かない。寝てるしね~そのトラブルの一つでクルーは250人以上、乗客に至っては5000人も乗ってるのに不具合はたった1機の冬眠装置。90年も前に目覚めてしまったエンジニアのジム。
誰も起きてこないんで不振に思うけど、一人の乗客の為に生活には困らない機能は普通に稼働してる状況で気が付くのに少し時間がかかるね。クルーを叩き起こそうとするんだけど船室にも権限がなくって入れない状況でやっと見つけたと思った人間はアンドロイドのバーテンダーでした。客あしらいはうまい物ですが…とりあえず出来る限り思いつく限りを実行し、挫折する。バーテンダーの今を楽しめの一言でスイートルームに部屋替えするは娯楽施設で遊びまくる、ぜいたくな食事を食べまくる、髭は伸び放題、服を着る気も失う…自暴自棄になった時に睡眠装置で眠ってる女性に一目ぼれ。彼はエンジニアでマニュアルは手元にあるし…起こせるんですよね。でも、凄く苦悩しますよ。だけど孤独に耐えれない…決断しちゃいました。
そして目覚めたオーロラ、彼女は機械の故障だと信じ、悩み苦しむけどジムを愛するようになる…二人で生きようとする彼女だけどバレちゃうんです。そりゃ起こるよね~でも、そんなときに宇宙船の小さな不具合は大きな不具合へと移行し始めてた。そしてクルーの一人が目覚めるのだけど、冬眠装置の壊れ方が悪く内臓にダメージを受けてしまってた。そして宇宙船は沈みかけてました…二人の運命は?乗客たちは…

結果的に目覚めた3人は救世主になってしまうんですよね。そして彼女には眠るか生きるかの決断を迫られる…彼女が選んだ道は?

これ書くと凄いネタバレなんだけど…2世が引き継いでる結果も面白いなぁ?なんて思ったけどね。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント