ジャンルアニメーション
製作年:2017年
初公開年月:2017/03/18
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:110分
監督:神山健治
原作:神山健治
声の出演:高畑充希 満島真之介 古田新太 釘宮理恵 高木渉 前野朋哉 清水理沙 高橋英樹 江口洋介


2020年、岡山県倉敷市。平凡な女子高生の森川ココネは、無口で無愛想な父親と二人暮らしをしている。昼寝をすることだけが得意なココネは、居眠りをしては怒られてばかりの毎日。そんな彼女は最近、ある不思議な夢を繰り返し見るようになっていた。そして、東京オリンピックを3日後に控えたある夏の日。突然父親が警察に逮捕され、東京に連行されてしまう。事態を解決するため、ココネは幼馴染みのモリオを連れて東京に向かうが、その途上で自分が繰り返し見ているあの夢の中に解決の糸口があることに気付き…。

夢をみるのには、理由がある

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

03 ひるね姫 ~知らないワタシの物語~

想像力が必須な作品だと思う。監督に惹かれ見に行ったけど、嫌いじゃなくむしろ好き!なんだけど万人に進められない気がした。
夢と現実が交差する、それには特に近未来な要素は無い。ただ小さな娘に若くして亡くなった母の話を寝る前の物語として語って事。そこには母親側の祖父からの約束もありダイレクトに語れないと言う大人の事情。
でも、娘であるココネは夢の中に現実を見ることになるのかな~

時は東京オリンピックをわずか3日後に迎えた少し先の未来。
父親から語られた物語はハードを重視する王様と魔法を使える王女の話。ココネはずっと王女は自分だと思ってる…

現実の世界ではココネの母が残したオリジナルコードが欲しくって、でもそれは母やの祖父ではなく、会社を乗っ取りたい役員の陰謀。夢物語で語られる鬼は…最初はハード重視の考えなのかと思ったけど、後半はバグやウィルスなのかな?!

ココネの母はずっと前に開発してたソフト、それを認めなかった大手自動車会社のCEOである父親、ココネにとっては祖父。
母亡きあと、夫であるココネの父は独自に開発してたけど田舎町で独占状態かな~。
時代はソフト重視の社会へ。だけど大手自動車会社は開発するも不安を抱えてた。よってココネの母が開発したオリジナルコードをどうしても手に入れたいんだよね。
味方をしてくれる人達を含め手に入れたい重役との攻防です。大人の嫌な世界だけど…世の中はハードからソフトへと移行してるよね。でもハードが無ければソフトも意味を見出さないんだけどね。

重役の陰謀で父親は無実の罪をかけられ警察に連行されてします。助けるためにココネが頑張ります・・・でも、半分以上寝てる間に物語が進行してますね~夢物語を鑑賞してる状態で現実はこうなんだろうな?と想像して見なきゃ訳が分からなくなるとおもうんだけど・・・意外とすんなり理解できるのか?ちょっと親しい人が見た感想を知りたいです。

エンドクレジットの両親の出会いと恋愛模様が良かったです。
ラストも誰も無理することなく自然体で進んでいくんだろうと言う感じが良かったです。

コメント(0) TOP
Categorie映画館

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可