夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

アサシン クリード



ジャンル:アクション
原題:ASSASIN'S CREED
製作年:2016年
初公開年月:2017/03/03
製作国:イギリス=フランス=アメリカ=香港
配給:20世紀フォックス映画
上映時間:115分
監督:ジャスティン・カーゼル
出演:マイケル・ファスベンダー マリオン・コティヤール ジェレミー・アイアンズ ブレンダン・グリーソン シャーロット・ランプリングマイケル・K・ウィリアムズ ドゥニ・メノーシェ アリアーヌ・ラベド


人間の自由意思をコントロールできるという“エデンの果実”を巡り、“アサシン教団”と“テンプル騎士団”の間で長年にわたる暗闘が繰り広げられてきた――。2016年。一人の殺人犯カラム・リンチに死刑が執行される。ところが、実際にはその身柄は生きたままアブスターゴ財団の研究所へと運ばれていた。そこでは、遺伝子に刻まれた記憶を辿ることができる特殊な装置“アニムス”が開発されていた。実はカラムは、“エデンの果実”の秘密を守るアサシン教団の伝説のアサシン、アギラールの末裔だったのだ。研究所は“エデンの果実”を狙うテンプル騎士団によって運営されており、研究者のソフィア・リッキンは、アニムスを使ってカラムにアギラールの人生を追体験させることで“エデンの果実”の秘密に迫ろうとしていたのだった。こうして遺伝子の記憶を介して自らの先祖アギラールとなり、スネサンス期のスペインへと舞い降りたカラムは、アサシン教団とテンプル騎士団の壮絶な抗争の渦へと巻き込まれていくのだったが…。

歴史の迷宮に潜り込め。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


03 アサシン クリード


本日2本目に鑑賞、ランチは映画との合間におにぎり、お腹いっぱいって感じじゃなかったのに凄い睡魔…嘘!映画館で映画見てるのに~信じられないと自分で思いつつ、そっか今作、好みじゃないんだ~なんて実はただの加齢かも知れないのに誤魔化す(笑)
予告を見て滅茶苦茶楽しみにしてたんですよ~なのに…

突っ込みどころが多すぎるしスケールが小さすぎるし、でもDNAの記憶って新しいなぁ~なんて思った。
まず宗教色はそれほどないのに基礎知識が必要で…少し考えちゃうんですね。
エデンの果実ってイブが蛇にそそのかされて食べちゃった実なんだよね?それは自由を封じる力があるとか…そっかあの実って知識だけど知識=自由なんだ?!という事は神に拘束されてるって事なんか?

まぁその果実が実在し人々の意志に自由を与えるだけでなく拘束も出来ちゃうって代物らしい?
テンプル騎士団はそれを使って人々を洗脳しようと考えてたけどアサシン教団は阻もうとしてたらしく、記憶に残る最後は教団の一人だった。その子孫であるカラムは子供のころに父が母を殺し、自らも犯罪を犯して死刑囚として収監されてる。ある日、牧師が訪ねて来る死刑執行の日を迎えることに…だけど彼は執行後に目覚めるんです。そこは刑務所とかじゃなくある施設。
そして彼は強制的に被検者となり彼の祖先の人生を追体験する事になる…施設にはそれぞれに何かしら歴史に名を遺す子孫たちが収容されてて…
研究者としてのソフィアは現在の暴力が万永してる世界を変えたくて人々の暴力的思考を治療したいと考え研究してるけど、施設の責任者でソフィアの父は違う目的があった…
カラムは追体験を繰り返すことである事実を知り、そして施設に居た人々は既に先祖の思いに目覚めてて…

ラストがね~よう解らん。ソフィアは父に利用されてたと知るのだけど、結果カラムを憎むことに?あんたの最初の目的はなんやったん?ってコレだけじゃなくって色々突っ込めるのが面白かったです。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター