夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

彼らが本気で編むときは、


ジャンル:ドラマ
製作年:2017年
初公開年月:2017/02/25
製作国:日本
配給:スールキートス
上映時間:127分
監督:荻上直子
出演:生田斗真 桐谷健太 柿原りんか ミムラ 小池栄子 門脇麦 柏原収史 込江海翔 江口のりこ 高橋楓翔 品川徹 りりィ 田中美佐子


 母と2人暮らしの小学5年生トモは、母が男を追って家を出て行ってしまい、一人で放置されてしまう。こうしたことは初めてではなく、トモは以前も頼った叔父マキオの家へと向かう。優しく迎えてくれたマキオの傍らには、初めて会う女性リンコがいた。マキオの恋人だというリンコは、男性として生まれ、性別適合手術を受けて女性となったトランスジェンダーだった。明るく優しい彼女は、おいしい料理やかわいいお弁当を作ってくれて、トモコは実の母からは受け取ることのなかった家庭のぬくもりや愛情を感じていく。そんなリンコは、未だに周囲の心ない偏見にさらされることも少なくなく、悔しいことがあると必ず編み物をして心を落ち着かせるのだった。マキオとトモと一緒に暮らすうち、いつしかある思いを強くしていくリンコだったが…。

カタチなんて、あとから合わせればいい

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


03 彼らが本気で編むときは、
とっても心に残る作品でした。
そして男性が女性を演じる時、女で生まれたことに油断して女性としてのふるまいに手を抜いてる事を痛感しますね。

リンコさんがきれいで女性らしくって母性も兼ね備えてて素敵でした。その同性相手のマキオもなんて素直な人なんだと思った。
こんな人…余りいないよね?だって人は何故か見栄を張る。なので同級生のお母さんの行動も解る。素直に生きてる人って建前が先に来る人間にとっては恐怖なのかも知れないなんて思った。

そしてリンコさんの母親が素敵、息子の事を認めた瞬間に色んなわだかまりとか取っ払ったんじゃ無いか?っていうくらい吹っ切れてるし我が子を全力で愛してるんだよね。
子供を愛してるのは全ての親が持ち合わせてると思うけど、気が合わない、うまく伝えられない。型にはめるべきと信じてるとか…うまくかみ合わない事ってあるかもね?!

母子家庭のトモの母は時たま女であることを優先して子供を置いて男と出ていく。慣れてるトモは母の弟、叔父であるマキオの下へ。でも、今回は少し違っててマキオはトランスジェンダーの恋人リンコさんと同棲していた。戸惑うトモだけど二人の歓待に徐々に馴染む。同級生の母親にリンコさんの事を言われ腹を立てるけど、その事でクラスから虐め、差別を受けると戸惑う。子供の心は行ったり来たりだよね。同級生は男の子だけど…自分が男の先輩に惹かれてる事に目覚めてるんだよね…
リンコさんの学生時代も描かれてますが、母親は気が付いててそして認めるんです。
母が作った初めてのリンコさんのおっぱい。あんな風に子供を認めれる親って居てるの?って思うくらい。でも、認める方も切なくって苦しいんだよね。

で、タイトルの編むですが、必死で編んでます。それはリンコさんの思いと言うかけじめかな?そしてリンコさんにとっては編み物をすることが心を平静に保つツールでもあったようです。
リンコさんがトモに編み物を教えてるとき、そこ!小指に掛けた方が糸送り調整できるよ!と心で突っ込んでしまったけど…トモのおばあちゃんが編むときはやっぱり上手いと思った。

トモの事を真剣に考える二人、斜めの目線で見てしまう同級生の母親の通報で査察に入られるけどちゃんとそこに愛があった。
一方、同級生の男の子は母に秘密が知れてしまって…自分の世界観にないことを理解するのは本当に難しいかも知れないけどね。


それにしても介護施設の庭の池に鯉を飼ってて「餌をやるな」の立て看板は認知症の老人が多数いてる場所では無意味だと思うんですけどね。リンコが働いてる施設にはマキオの母、トモのおばあちゃんが居てます。なので三世代の家族が垣間見えるんですよね。ここにも母と娘の確執みたいなのが見え隠れ。

でも、トモの母親は自分の母親と向き合わなきゃ本当の母親にはなれなかったのかも?ラストはちょっぴり切なく、そして片づけられた部屋に小さな希望を感じました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター