素晴らしきかな、人生



ジャンル:ドラマ
原題:COLLATERAL BEAUTY
製作年:2016年
初公開年月:2017/02/25
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:94分
監督:デヴィッド・フランケル
出演:ウィル・スミス エドワード・ノートン キーラ・ナイトレイ マイケル・ペーニャ ナオミ・ハリス
ジェイコブ・ラティモア ケイト・ウィンスレット ヘレン・ミレン


 ニューヨークで広告代理店を経営するハワード。彼の手腕で会社は業績を伸ばし、公私ともに順風満帆な人生を送っていた。ところが突然、6歳の愛娘が不治の病でこの世を去る。ハワードは深い悲しみで自暴自棄となり、仕事を放り出して自宅に閉じこもる日々。ハワードに頼り切りだった会社は急速に傾き始める。残された同僚役員ホイット、サイモン、クレアはそれぞれの事情も相まって、ハワードをどうにかして救わなければと思っていた。そんな時、ある奇策を思いつく。やがてハワードの前に、性別も年齢もバラバラな3人の奇妙な舞台俳優が現われるのだったが…。

人生ドン底の男を救ったのは、3人の奇妙な男女だった――

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

03 素晴らしきかな、人生

娘を亡くしたことで生きる意味を失ったハワード。彼を心配する共同経営者で友人でもある3人は会社の危機も悩みだけど、ハワードの心の病を何としても治してあげた…でも、会社もつぶしたくない!ハワードが判断できない状況だと解れば会社を上手く売買できるかもと考え彼の日常を探偵を雇って調べる。そして彼が手紙を書いたことを知る。それは誰かに出なく「愛」「時」「死」に対してだった…そして偶然の出会いがある。それは小さな劇場で芝居をする3名の性別も年齢もバラバラの役者。彼らを雇いそれぞれを演じてもらいハワードに現実を気づいてもらおうと考える。

だけどね~それはハワードだけじゃなく3人の友人をも助けることになるんですね。
それぞれが悩みを抱えてて、3人の役者にそれぞれのアドバイスやヒントを与えられるの。

そしてハワード自身は最初に対峙した死を演じる役者と会話する事で子供を亡くした会みたいなのにいつもは窓の外から眺めてるだけなのにドアをたたいて中に入るんです。だけど…何も喋れない、娘の名前すら口に出せない。それでも会のリーダーの女性は自分も子供を亡くしたといい、そして何も喋らなくても良いから参加するように促す。
そして次に現れた時を演じる役者、感情的な愛を演じる役者、ハワードは理解できないけど何故か会話してしまう。

ハワードは少しづつ周りが見え始めて来る…だけど何も語らなかった彼は実は友人たちの悩みにも気が付いてた…
そして最後に向かった先は、あの会の子供を失って夫婦は別れたけどまだ夫を愛してると言ったあの女性の元…でも、それは最初から訪ねるべき相手だった。

大事な人を失う喪失感と悲しみはいつまでたっても上手く癒えない。でも、周りには心配してくれる人がいっぱい居てるんだと気が付いたときに少し前を向けるのかも知れないですね。
それにしても3人の役者、実はハワードのためでなく3人の友人の為に現れたのかも…なんて思うくらいでした。
人は色んな悩みを抱えてる、死は深刻だけど女性にとって時も深刻、そして別々に暮らす娘への愛もどれだけ大事か…ハワードの友人の為に仕掛けた優しさが自分に返ってくる感じが素敵でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード