夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

クリミナル 2人の記憶を持つ男



ジャンル:サスペンス
原題:CRIMINAL
製作年:2016年
初公開年月:2017/02/25
製作国:イギリス アメリカ
配給:KADOKAWA
上映時間:113分
監督:アリエル・ヴロメン
出演:ケヴィン・コスナー ゲイリー・オールドマン トミー・リー・ジョーンズ アリス・イヴ ガル・ガドット マイケル・ピット ジョルディ・モリャ アンチュ・トラウェ スコット・アドキンス アマウリー・ノラスコ ライアン・レイノルズ


 CIAロンドン支局のエージェント、ビル・ポープが、極秘任務中に命を落としてしまう。彼は、米軍の核ミサイルさえも遠隔操作できるプログラムを開発した謎のハッカー、ダッチマンの居場所を知る唯一の人物だった。世界的なテロの脅威を取り除くためには、何としてでもダッチマンを捜し出さなければならない。そのためにCIAがとった最後の手段は、研究中の移植手術でビルの記憶を他人に植え付けるというものだった。そしてその移植相手に選ばれたのは、人間的な感情や感覚を持たないサイコパスの死刑囚ジェリコ。しかし彼は、手術直後に逃走を図る。やがて正義感に溢れたビルの記憶が徐々に蘇り、混乱するジェリコだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


03 クリミナル 2人の記憶を持つ男

アクションなのにラストが甘ったるい感じで、ちょっと一昔前のラストなのかな?って気がしました。
結構、と言うかかなり好きな俳優が沢山出演てますが皆、おじさんになっちゃいましたね~
鑑賞側もおっちゃん率が高かったです。あ…私もしっかりおばさんですが(笑)

CIA捜査官がある危険人物を犯罪者から保護しようと動いてましたが、敵に見つかって殺されちゃいます。
彼は心臓は止まってたけど脳はまだ生きてたのか?そこである学者が研究してる記憶の移植を試みようとCIAが動きます。
移植される側はある条件が必要でそれを備えてたのがなんと犯罪者だった。まぁ博士も目を付けてたんでしょうね。
刑務所に収監されてるジェリコは子供の時の父親の虐待で頭をひどく打ち感情が全くなく脳の一部が眠ってしまってる状況…そこへ記憶を転送?する。だけど目覚めて直ぐにエージェントの記憶が思い出される訳もなく、上層部は失敗と判断し始末しようとするところを逃げ出す。逃げ出したジェリコは徐々にエージェントの記憶が蘇り、それに伴い感じたことのない感情が芽生え始めてる。エージェントの家族を巻き込みながら彼は思い出される記憶を頼りに最初は大金目当てだけどね。
そしてジェリコが記憶を転送されたことは犯罪者にも解り、結局は両方から追われるジェリコ、さらに今までなかった感情に戸惑い混乱する。結局は彼が解決に導きますが…どうも今作のCIAはヘタレ過ぎです。よくそんな失敗を重ねますね~なんて思います。
ラストは痛快ですがジェリコのラストはちょっぴりファンタジーかな?

面白かったけどね~でも、記憶を転送するって感じがありえへんって思うますね。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター