セル



ジャンル:パニック
原題:CELL
製作年:2016年
初公開年月:2017/02/17
製作国:アメリカ
配給:プレシディオ(協力 松竹)
上映時間:98分
監督:トッド・ウィリアムズ
原作:スティーヴン・キング
出演:ジョン・キューザック サミュエル・L・ジャクソン イザベル・ファーマン オーウェン・ティーグ クラーク・サルーロアンソニー・レイノルズ エリン・エリザベス・バーンズ ステイシー・キーチ


ボストンの空港で別居中の妻子に電話をかけるコミック作家のクレイだったが、途中で電池切れになってしまう。しばらくすると、携帯電話で話していた人々が一斉に凶暴化する。一瞬にしてパニック状態となった空港から地下鉄に逃げ込んだクレイは、車掌のトムと自宅アパートの階上に住む少女アリスと協力しあいながら、妻子のいるニューハンプシャーを目指すのだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

02 セル


原作、スティーヴン・キングです。そして最近、この手の映画にはよく主演してるジョン・キューザックです。結構好きだけど。
今作はサスペンスじゃないなぁ~ホラーぽいけどパニック映画が妥当かな?
何故?が一切、解明されません。何故?そうなった?原因は?で?どうなるの?が全く描かれてません。

漫画家のクレイは空港に降り立った、仕事の売り込みがうまく行き嬉しいけど、家族とはうまく行ってなかった。息子と携帯で話してる間に充電切れ、充電場所は皆ふさがってて慌てて公衆電話へ…でも、周りの様子がなんだか変?
携帯電話を使ってる人々が突然に凶暴化してしまい、あちらこちらで激しい暴力が…警察を呼ぼうとして携帯を使った女性も狂い始める…慌てて空港から逃げ出すクレイは地下鉄へ電車は止まってたけど圏外のお陰でまともな人が少し居てた。彼らは助けを待つと言うけど運転士は地下鉄の事情を知ってるので線路沿いに逃げると言う。賛同するクレイと一人の若者で線路を歩き始めるが凶暴化した人々に出会い若者は殺されてしまう。二人は命からがら逃げだし何とかクレイのアパートまでたどり着く。
訳が解らない二人だけど、クレイは妻子の下へ向かうと言う。上の階に住む少女が助けを求めて合流し3人はクレイと同行するのだけど、凶暴化した人々がうろうろしてて…

どうもノイズで狂ったようで、凶暴化だけじゃなくって人間同士が精神と言うか無線?で繋がっちゃってるみたいです。
変な周波数を出したり一緒にまとまってフリーズしてたり、群衆化もする。殺しあってたと思うと、今度は仲間を増やそうとしたり…3人は助かってる人たちと出会いながら目的の場所へと向かうんですが、それぞれが悪夢を見る。そこに出て来る赤いパーカーの男はなんと、クレイが描く漫画のキャラだったりします。
なんで?どこで繋がってるん?です。

ラストはハッピーと見せかけて実は…でも、クレイにとって?その方が幸せなのか?
携帯電話を頼り過ぎてる人々への警告なんでしょうか?見てるときも時たま、そしてエンドクレジットが終わった後、かなり不快ノイズが鳴ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード