夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

世界一キライなあなたに 2017-02-07-Tue



ジャンル:ロマンス
原題:ME BEFORE YOU
製作年:2016年
初公開年月:2016/10/01
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:110分
監督:テア・シャーロック
原作:ジョジョ・モイーズ
『ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日』(集英社文庫刊)
出演:エミリア・クラーク 、 エミリア・クラーク 、 サム・クラフリン 、 ジャネット・マクティア 、 チャールズ・ダンス


26歳のルイーザは、車椅子生活を送る青年実業家・ウィルの介護役兼話し相手として働き始める。次第にふたりは心を通わせていくが…。

愛するひとが、
半年後に永遠の旅立ちを
選ぼうとしていたら――


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

最近…こう言うネタが多いなぁ~って事は尊厳死は世間に浸透しつつあるって事なのかな?
そして何故か肢体不随になるのは大金持ちだけなのね~出ないとお話として成り建てにくいかな?

小さな町に住むルイーザはカフェで楽しそうに働いてるけどカフェが店を閉めることに…家は職を失った父、子供を連れて帰ってきた妹、おじいちゃんと母でどうしてもお金を稼ぐ必要がある。
仕事を探しに行ったルーは身体障碍者の世話をする、期間限定だけど未経験者可の仕事をみつける。早速、面接に向かったルーだけど…微妙な場違いを感じる。なのに何故か採用される。そこにいたのは若い青年実業家だったけど事故にあい脊髄損傷し全く体を動かせなくなったウィルだった。望まれる仕事は話し相手で年齢が近いので選ばれたのかな?

介護人は別に存在してて彼女はただ側にいるだけの仕事だったけど心も病んでしまったウィルは全く認めてくれない。
それでも仕事を辞める訳にはいかない彼女は根気よく相手をする。
小さなきっかけで二人は互いを認め合うことに…でも、ウィルは半年後には尊厳死を選ぼうとしてた。
悩んでたルーだけど妹の助言で楽しいことをして心を変えようと奮闘するのだけど…

彼は健常で事故にあって不随になるんだけど、生まれつき障害を持ってる人も居てる訳で…そう言う人たちも自分の意志で選べば尊厳死は可能なのかな?元気な自分だったけど、努力しても戻れず障害を負ってしまったら死を選ぶっていうのも何だか違うなぁ…って思うんだよね。尊厳死を認めてるところもしっかり診断書とか見て検討して結論を出すんだろうけど…。

頭は良くって意識も健常なのに…出来る仕事もたくさんあると思うのに…介護にかけれるお金もいっぱいあるし、両親だってそう苦労して無いし(気苦労は相当だろうけど?)すごく恵まれてるよ???考え方が日本人とは違うのか?国民性と言うより個人の問題なのかも…

毎朝起きて絶望するんだって…それなら障碍者は生まれたことに絶望してるって事?なんか傲りって気がするな。

ルーが洋服が大好きで凄くポップな衣装で毎回、登場!それが可愛くって◎インテリアもキュート、靴のディスプレイを兼ねた収納も素敵!パッチワークのベットカバーとか本当に可愛いですよね。
暗くなりがちな物語だけど、洋服は本当にポップでルーがとっても可愛かったです。

死を決断した時に彼女に出会え、自由に動かない体をますます切なく感じてしまったのかも?ですね。

CATEGORYレンタル  Comment 0 △Page Top

« ジョイ | ホーム | ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

| ホーム |