夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

マグニフィセント・セブン



ジャンル:西部劇
原題:THE MAGNIFICENT SEVEN
製作年:2016年
初公開年月:2017/01/27
製作国:メリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間:133分
監督:アントワーン・フークア
出演:デンゼル・ワシントン クリス・プラット イーサン・ホーク ヴィンセント・ドノフリオ イ・ビョンホン マヌエル・ガルシア=ルルフォ マーティン・センスマイヤー ヘイリー・ベネット ピーター・サースガード


開拓時代の小さな田舎町。そこでは冷酷な悪徳実業家バーソロミュー・ボーグが町の資源を独占しようと荒くれ者たちを従え、傍若無人の限りを尽くしていた。ある日、ボーグに夫を殺されたエマは、サムと名乗る賞金稼ぎの銃の腕前を見込んで、町を救ってほしいと住民からかき集めたなけなしの全財産を差し出し懇願する。最初は興味を示さなかったサムだったが、この依頼を引き受けることにし、ギャンブラーのジョシュをはじめ腕利きの男たちのリクルートを開始する。こうしてワケありのアウトロー7人が小さな町を守るために雇われ、やがて彼らはボーグ率いる200人超の悪党軍団に無謀とも思える戦いを挑んでいくのだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


02 マグニフィセント・セブン

何も考えず楽しめましたが、やっぱり犠牲者って出ちゃうんですよね。しかもしっかり描いてた男が最後は…っていうのはちょっと切なさを感じました。
純粋な西部劇です。銃もきっとクラシックな型なんでしょうがよく解りません。でも、あのくるくる回す銃の扱いはちょっとカッコよいと思った。
勧善懲悪ものなので最後は爽快感がありますが、思い切りすっきり!って感じでもないんですよね。
結構、長い上映時間なのにそれぞれ7人を描き切ってないのがちょっと残念。
よって参戦理由が弱いんですが、ネイティブアメリカンを勧誘した時はちょっと印象的でした。部族の中で生きられない戦士は死に場所を探してる…考えてみれば皆そんな感じだったのかも?とも思ったりして。
西部劇を見慣れてないせいかも知れませんが、何も印象に残らなくって…でも、見てる間は面白い!って思いました。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター