本能寺ホテル



ジャンル:コメディ
製作年:2017年
初公開年月:2017/01/14
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:119分
監督:鈴木雅之
出演: 綾瀬はるか 堤真一 濱田岳 平山浩行 田口浩正 高嶋政宏 近藤正臣 風間杜夫


勤めていた会社が倒産してしまい、流されるままに恋人のプロポーズを受け入れ、京都へとやって来た天真爛漫な女性、倉本繭子。ふとした手違いから路地裏にあるレトロなたたずまいの“本能寺ホテル”にチェックインすることに。するとなんと、ホテルのエレベーターは1582年の本能寺に繋がっていた。やがて織田信長と出会った繭子は、ふたりで京都の町を見物するなどして彼の意外な人柄に惹かれていくのだったが…。
<allcinema>


私が過ごした一日は、
信長の最後の一日だった


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

01 本能寺ホテル

面白いかな?なんて見る前は思ってたんですが、面白かったです。
見たタイミングなのか?何故か織田信長に共感し涙しました???

恋人の両親の金婚式に招かれた繭子は天真爛漫、予約した京都のホテルは予約日を間違え途方の暮れてた…ふと目に留まった古い歴史のあるホテル「本能寺ホテル」だった。運よく部屋は空いてたのだけど、エレベーターで向かおうとしたらタイムスリップしちゃいました。しかも本能寺の変の1日前。あまり状況を把握できな繭子を助けてくれた小姓だけど、彼女の天真爛漫さが大騒動を引き起こしてなぜか無事に現代に戻る。
よく状況をよく把握しないまま、現実と直面するけどどうしても過去が気になって仕方ない。
そして繭子はまた過去へ…そして織田信長と対峙することになるのだけど…

ホテルの支配人は状況に応じよいアドバイスをしてくれるけどね~繭子の事はあまり信じてません。でも、凄いピンポイントなアドバイスです(笑)

そして繭子は歴史を変えてはいけないと思いつつも信長に事実を知らせる、だけど信長はそんな事よりも先の未来を見据え自分のふるまいを決めるんですよね~なんだかすごくかっこよいの。家臣との関係も、歩んできた道もかっこよくって♪そんな彼に繭子は恋したのかもね?それ以上なのかも…そして過去に戻ったことで繭子は未来を見据え始める。

笑えるシーンもあるけど、凄く前向きになれちゃう良い作品でした。
見て良かった~

そうそう、森蘭丸…私も凄くイメージが違います(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード