夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場



ジャンル:戦争
原題:EYE IN THE SKY
製作年:2015年
初公開年月:2016/12/23
製作国:イギリス
配給:ファントム・フィルム(提供:ファントム・フィルム=ハピネット)
上映時間:102分
監督:ギャヴィン・フッド
出演:ヘレン・ミレン アーロン・ポール アラン・リックマン バーカッド・アブディ ジェレミー・ノーサム
フィービー・フォックス イアン・グレン


ロンドン。英国軍のキャサリン・パウエル大佐は国防相のフランク・ベンソン中将と協力して、英米合同テロリスト捕獲作戦の指揮に当たっていた。米国軍の最新鋭ドローン偵察機がケニアのナイロビで凶悪なテロリストたちのアジトを突き止めるが、彼らがまさに自爆テロを決行しようとしていることが発覚、パウエル大佐は即座にドローンのミサイル攻撃によるテロリスト殺害作戦の決行を決断する。その指示を受け、米国ネバダ州では、新人のドローン・パイロット、スティーブ・ワッツがミサイルの発射準備に入る。するとその時、アジトの真横でパンを売る少女の姿が発見される。民間人の少女が巻き添えになる可能性が明らかとなり、ロンドンの会議室では軍人や政治家たちの議論が紛糾し、結論が先延ばしされていく。大規模な自爆テロの決行が目前に迫っている以上、少女を犠牲にしてでもテロリストを攻撃すべきと訴えるパウエル大佐だったが…。

現代の戦争
衝撃の実態


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

01 アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

戦争そのものを描いてる訳でなくテロリストへの諜報活動と言う感じです。
そしてテロリストはイギリスやアメリカの国籍を持つ人々…長年の調査で一同がある家に集まると知る。最初は捕獲が作戦だった。だけどテロリストは移動し内線地帯へ。捕獲は不可能、そして着々と進められてる自爆テロの用意、見逃すわけには行かないけ、だから争ってない国に爆弾を落とし殺害に変更すべきだと主張する現場…と言ってもドローンで見てるだけ。それに難色を示す政治家も母国で見てるだけ…
現場の近くには待機してる軍隊があるけど、彼らが踏み込めば大騒動になる場所にテロリストは居てる。
その近くまで一人侵入する末端の兵士…
そんな緊張感のシーンの合間に危険地帯で暮らす親子を捉えてる。父は自転車を修理し母はパンを焼き、幼い娘は売りに行く。父は娘に禁じられてる学問や自由な遊びを黙認してる、いわばこの国では先進的考えを持つ人たち。そんな親子の日常が描かれてる…まるで関係の無い物語、だけどその少女が最後のキーパーソンになる。それはただの偶然だけど、一人の少女の為に軍が英国政府が右往左往…
シンゴジラで日本の閣僚を描いてたけど英国も似たり寄ったり、そしてアメリカって決断が速いし、絶対にテロを許さない姿勢が伺えるんだけど、それが正解とは思えず、そして英国は一人の少女の為に悩み議論…と言えば聞こえが良いけどね~結局は自分の責任になりたくないだけって気がしました。
更に実際に爆破する兵士の意見も今の時代、きっちり聞くんですね。

途中から緊張感が半端ないです。手を握り締めてました。

テロリストを見逃せばいずれ80人以上は死ぬテロを決行するだろうと予想が付く、一人の少女か?いずれ起こるテロの犠牲者を救うのか?と言う選択を迫られる訳ですが…テロリストを処分しても少女が亡くなればその親がテロリストじゃ無く英国や米国の責任と捉えればテロを発起する場合もあるんじゃないか?それはもっと被害が大きくなるかも知れない…なんて負の連鎖を思った。
でも、テロが何故起きるのか?って考えるともっともっと深い過去の過ちがあるんじゃないか?とも…
能天気な考えだけど世界中が平和になれば良いのになぁ~って思います。

そしてドローンですが…凄い発展です。あんなのに監視されてるかも?って思うととっても嫌です。でも、それが現実なんでしょうね。平和利用だけにして欲しいかも。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター