夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

この世界の片隅に



ジャンル:アニメーション
製作年:2016年
初公開年月:2016/11/12
製作国:日本
配給:東京テアトル
上映時間:126分
監督:片渕須直
原作:こうの史代
声の出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ


1944年(昭和19年)2月。絵を描くことが好きな18歳のすずは、急に縁談話が持ち上がり、あれよあれよという間に広島市から海軍の街・呉に嫁にやってくる。彼女を待っていた夫・北條周作は海軍で働く文官で、幼い頃に出会ったすずのことが忘れられずにいたという一途で優しい人だった。こうして北條家に温かく迎えられたすずは、見知らぬ土地での生活に戸惑いつつも、健気に嫁としての仕事をこなしていく。戦況が悪化し、配給物資が次第に減っていく中でも、すずは様々な工夫を凝らして北條家の暮らしを懸命に守っていく…

昭和20年、広島・呉。
わたしは ここで 生きている。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ



01 この世界の片隅に

すずの日常を描いてます。ぼっ~とした子だけどちゃんと親を手伝って普通に生活してて知らないところにお嫁に行っても自分の務めをしっかり果たす。ちゃんと前向きにね。子供のころの様子から知らないところに嫁いだけど夫婦として信じあえるようになるまでが描かれてる。
ささやかな日常…だけどそれは戦時下と言う状況だった…しかも呉に嫁いでるので軍港があったために空襲も多かったようです。更に実家が広島だった…大事な両親や妹が居てる場所。物語が進むとき何年何月が表示される…原爆投下の日をカウントダウンしてるようで辛かった。

絵の上手かったすずが起こすトラブルや後半でその絵が描けなくなった理由が悲しかった。
ちょっと意地悪な小姑が子供を連れて帰ってくるけど徐々に家族になる様子…その子供の身に起きる不幸と自分を責めるすず。
小姑との悲しみや兄の戦士…戦争が無ければ無かった不幸もいっぱい描かれてるけど、配給で物が手に入らない時の工夫や重なる空襲警報が日常になり、それがうんざりな状況にまでなっちゃうこと…
夫の余計な計らいや、初めての喧嘩。幼馴染との淡い初恋と現実。
そして世間知らずのすずが入り込んだ遊郭や賑やかな闇市場なんかも描かれてました。

原爆投下後の現実も描かれ見事な反戦映画だと思いました。

そしてすずというキャラにのんの声が見事にマッチしてました。
こののんと言う女優は結構好きなんですよ~変わってるんだろうね?!きっと…芸能界で生き残れるんだろうか?

監督が枚方出身っていうのがなんか嬉しい♪

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター