2016_12
28
(Wed)15:45

エクス・マキナ




ジャンル: SF
原題:EX MACHINA
製作年:2015年
初公開年月:2016/6/11(土)
製作国:イギリス
配給:ユニバーサル映画(配給協力:パルコ)
上映時間:108分
監督:アレックス・ガーランド
出演:アリシア・ヴィカンダー 、 ドーナル・グリーソン 、 オスカー・アイザック 、 ソノヤ・ミズノ


検索エンジンで有名な世界最大のインターネット会社“ブルーブック”でプログラマーとして働くケイレブ(ドーナル・グリーソン)は、巨万の富を築きながらも普段は滅多に姿を現すことのない社長のネイサン(オスカー・アイザック)が所有する山間の別荘に1週間滞在するチャンスを得る。人里離れたその地にヘリコプターで到着したケイレブだったが、彼を待っていたのは美しい女性型ロボット“エヴァ”(アリシア・ヴィキャンデル)であった。ケイレブは、彼女に搭載された世界初の実用レベルとなる人工知能のテストに協力するという興味深くも不可思議な実験に参加することになるのだが……

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

特にパッとしないプログラマーのケイレブはランダムな抽選で滅多に姿を見せない社長ネイサンの別荘に招待される。
そこは山深くヘリも途中で降り屋敷を徒歩で目指す。まるで施設のような屋敷はネイサンが研究所も兼ね、一人AIの研究をしてると言う。そしてそれは既に成功し、ケイレブにチューリング・テストをして欲しいと言われ秘密保持の書類にサインし承諾する。
彼がテストを行うのは女性型のロボット。姿はスケルトンだけど知性を持ちまるで普通の女性のようだった。でも、彼女はネイサインに解らないようにケイレブに忠告する。
そして翌日、ネイサン一人かと思ってたらメイドのキョウコが居た。彼女は英語を理解できず会話は成立しない。秘密も守れると言うのだけど…ネイサンは毎夜大酒を飲んで酔っ払うんだよね~何に悩んでるんだ?って感じでした。
ケイレブはどうも女性に免疫が内容でどんどんロボットに惹かれて行っちゃってます。
ケイレブはテストしてるつもりだったけど、実は道具の一つに過ぎなかったって感じでした。

それにしても男ってなんなんだ?自分のためだけの女が欲しいと思うのか?AIが優れれば拘束されてる事に気が付くだろうに…そして出ていきたいと思うのも普通ちゃ普通だよね。人工知能に抑制はかけられないのか?ロボット三原則も仕込めないのか?
そもそもネイサンは何のためにAIを作りたかったん?

そしてけなげなケイレブを置き去りにできるのは女だからか?結局、怖いロボットが世に放たれてしまったやん!どうするん?って疑問で見終わりました。

閉鎖された空間、少ない出演者、突っ込みどころもあるけど、趣が違うSFでまぁ面白かったです。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント