夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 2016-12-02-Fri




ジャンル:ファンタジー
原題:FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM
製作年:2016年
初公開年月:2016/11/23
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:133分
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:エディ・レッドメイン キャサリン・ウォーターストン ダン・フォグラー アリソン・スドル エズラ・ミラー サマンサ・モートン ジョン・ヴォイト カーメン・イジョゴ コリン・ファレル


魔法使いのニュート・スキャマンダーは、魔法の腕は超一流ながら人見知りでおっちょこちょいの魔法動物学者。魔法動物をこよなく愛する彼は、世界中を旅して魔法動物たちを集めていた。彼の不思議なトランクには、そんな魔法動物たちがいっぱい詰まっていた。ある日、ニューヨークへやって来たニュートだったが、ひょんなことからトランクが人間のものとすり替わってしまう。そしてトランクの中にいた可愛いものから獰猛なものまで、ありとあらゆる魔法動物が人間界に逃げ出してしまい、ニューヨーク中が大パニックに。ニュートは魔法使いのティナとクイニーや人間のジェイコブと協力して逃げた魔法動物たちを追っていくのだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


11 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅


世界観に慣れてしまった感じで新たな感動も控えめでしたが、面白かったです。
古い時代のアメリカの風景は魔法が使われてても不思議じゃない空間に思えました。そして…アメリカ人とイギリス人の違いみたいなのも面白かった。
もちろん、魔法動物たちも個性的で可愛くっていたずら好きなのが面白くって本当にいたら困るかなぁ~です。でも、人間の世界と同じで利権や恐怖だけで絶滅に追い込まれてる種も居てるのが悲しかった。
魔法が使えても使えなくても人間の本質は同じなのか…なんて思ったりもした。

魔法の腕は良いようですが、どうも人間関係がうまく構築できないニュート。だからこそ動物たちと仲良くなるのが上手いのかもね?!彼はある理由でイギリスからアメリカに渡ってきた、魔法動物たちを伴って…でも、アメリカでは人間と魔法使いと魔法動物でひと悶着あったようで、動物を飼う事は禁止されてたみたいです。さらりと冒頭で説明。
彼は到着早々に一匹の魔法動物を逃がしてしまう。それに巻き込まれた普通の人間が一人…彼はニュートと同じような鞄を持っててかなりの不安感をあおります。案の定…と言うか逃げた動物のお陰でひと騒動!それを見てしまったのがアメリカの魔女。しかも彼女は黒魔術の捜査官だった…?なのにニュートは人間の記憶を消しそびれトランクを間違えて持っていかれ、魔女に捕まる。
でも、アメリカの魔法相はそれどころじゃ無いし、それにあるミスで魔女のティナは実は捜査官から外されていた…

一方、人間の世界では魔女の存在を信じ糾弾しようとしてる一人の女性が居てて彼女は恵まれない子供たちの面倒を見ながら民衆に訴えてるんだけど、誰にも見向かれてない感じかなぁ?!そして彼女の手助けをする子供たち…
更に正体不明の惨事が各地で起こってって、魔法相の人間たちも調べ始めてた…

疑われる動物たち、人間とのかかわり、認められない子供たち…そして闇の魔法が絡んで物語が進みます。
関わる人間のジェイコブが本当に良い人でニュートと友情が生まれたりします。
物語の絡み方がいまいちだった気もする、悪の印象が弱い…これからかしら?何せ今回は5部作になるようです。
謎はニュートかな?彼の兄は有名な戦士?学校では問題児だった?同級生の魔女の正体と関係は?と言う謎が見事に残され終わりました。次はどこに顔をだすのでしょうか?
そしてやっぱり魔法動物が本当によく描かれてますね~
是非、大きなスクリーンで世界観に浸ってください。

CATEGORY映画館  Comment 0 △Page Top

« 聖の青春 | ホーム | 君がくれたグッドライフ »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

| ホーム |