夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

君がくれたグッドライフ



ジャンル:ドラマ
原題:HIN UND WEG
製作年:2014年
初公開年月:2016/05/21
製作国:ドイツ
配給:ショウゲート
上映時間:95分
監督:クリスティアン・チューベルト
出演:フロリアン・ダーヴィト・フィッツ 、 ユリア・コーシッツ 、 ユルゲン・フォーゲル 、 ミリアム・シュタイン 、 フォルカー・ブルッフ 、 ヴィクトリア・マイヤー 、 ヨハネス・アルマイヤー 、 ハンネローレ・エルスナー


毎年恒例の自転車旅行に旅立った6人の仲間たち。行き先を決めるのは持ち回り制で、15回目となる今年はハンネスとその妻キキの番だった。だが、行き先が見どころのないベルギーと聞いて他の4人は不満を漏らす。しかしハンネスには、彼らに明かしていないある深い事情があった。彼はALSと宣告されてしまい、これを人生最期の旅と決めていた。父親も同じ病気で亡くなり、その時の家族の苦労を知る彼は尊厳死を決断し、法律で認められているベルギーへ行くことにしたのだ。旅の最初の夜、ハンネスの口から真実が明かされ、ショックを受ける仲間たちだったが…。

最期の旅は、
泣かないと決めていた――


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

こちらには奇跡は起こらなかった…理解できないけど、そう言う方法もあるんだけど、その選択肢は無いし周りの人も理解してくれる人は少ないかも?です。

友人たちと15年も続けてる自転車旅行、毎年順番で行き先を決めるんだけど今年の行き先を決めたハイネスはベルギーを選択。仲間は見どころの少ない旅先に不服があるけど、その旅先を選んだ理由を出発前に知る事になる。
それはハイネスが彼の父と同じALSを発病し、余命を宣告されたため、父のように苦しまず尊厳死を選び、法律で認められてるのがベルギーだった…
自分が苦しむだけじゃなく家族に負担もかけたくなかったんだろうね…妻も納得してる。母親はもう少し後でもと言うけど…
友達はショックを受けるが彼の旅に付き合うことになる。ショックを受けた弟も行かないと拗ねるけど結局は一緒に向かうことに…自分たち夫婦と友人夫婦、そして独身の友人と弟…彼らはいつもと同じようにそれぞれに課題を挙げ達成しながら旅をすることに…独身の友人は恐怖で引っかけた女の子を同行させたりするけど、旅はそれなりに楽しい、でも心には常にわだかまりがあり何かが痞えてる感じなのが切ないし、付き合う友人たちの、そして妻の勇気が凄いと思った。
そしてベルギーに到着、母親と合流し彼は一人旅立つことに…

凄い話だけどやっぱり感覚的に受け入れられない…かな。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター