ボクの妻と結婚してください。



ジャンル:ドラマ
製作年:2016年
初公開年月:2016/11/05
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:114分
監督:三宅喜重
原作:樋口卓治
出演:織田裕二 吉田羊 原田泰造 込江海翔 森カンナ 眞島秀和 佐藤ありさ 前川泰之 大塚千弘 小堺一機 大杉漣 高島礼子



人気バラエティ番組の放送作家として活躍する三村修治はある日突然、すい臓がんで余命半年と宣告されてしまう。途方に暮れる修治だったが、何よりも気がかりなのは、遺される最愛の妻・彩子と一人息子の陽一郎のこと。そこで修治は、人生最後の“企画”として、妻の結婚相手を見つけようと決意する。そして、知り合いの結婚相談所社長・知多かおりの協力を得て、ついに理想の相手、伊東正蔵に巡りあうが…。

余命6ヵ月、
最愛の人に贈る“やさしい嘘”とは?


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

11 ボクの妻と結婚してください。

素直に鑑賞するっていうのが条件だけど、泣きたいときに見る作品ですね。
けなげに頑張れば頑張るほど泣けちゃうんです。彼の家族、特に妻に対する愛に…
織田さんがいまいち病人に見えなかったけど…若くして余命宣告されれば実際はこんな感じなのかとも思う。

冒頭から病気が発覚、そして迷うんです。葛藤は描かれてません…きっとそれも含む?なのかも知れないけど、彼は妻に事実を言うべきだと、常識とか一般的な行動も理解してる、それでも彼は職業柄なのか違う方法を模索し選択しちゃうんですね。
彼の仕事は放送作家、それもかなり忙しい立場の人でした。彼は自分の最後を演出するのでなく妻と子供の未来の為に企画を考え始める。そして偶然に出会った昔の仕事仲間の現仕事。彼はその人を頼りなんと妻の次の夫を選び結びつけようと思うんですね。
彼の人柄なのか真実を知った元仕事仲間も協力する。そして企画は進行するのだけど…結局は妻に全てバレてしまう。
その企画に怒り心頭の妻だけど…
自分が家族の為にと動くんだけど結局は妻子や周りの人々に支えられて彼は思いは進行するんですよね~

余命を宣告され仕事にキリを付けるのは凄い、妻子の未来を案じるのも凄い、だけど…そんな事をしなければ、自分の余命を受け入れ受け止められなかったのかも知れませんね。
病気から逃げてるのかも知れない…だけどそれで良いでしょ。だって怖いよ。
それでも彼は家族が病気になるよりは怖くないなんて言ってましたが…

死は誰にでも訪れるんだけど、宣告されるとじたばたして苦しむ、それを一緒に戦ってくれる人が居てるのは心強いけど、そんな人々の心配な顔や泣き顔は見たくないよね。

今はそれ程手がかからない両親の介護だけど、もっともっと大変な事になっても心配ばかりじゃ無く、笑顔を見せようと思う。周りの人々の笑顔って笑うって凄く良いと思う。そんな事を教えてくれる作品でした。

それにしても突っ込みどころもあるんだけど。もう、本当に素直に号泣しちゃいました。
エンドクレジットも過去の思い出が描かれてて、心は苦しくなるけど、楽しい思い出はいっぱい作らなきゃ!とも思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード