ミュージアム




ジャンル:サスペンス
製作年:2016年
初公開年月:2016/11/12
製作国:日本
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:132分
監督:大友啓史
原作:巴亮介
(講談社『ヤングマガジン』刊)
出演: 小栗旬 尾野真千子 野村周平 丸山智己 田畑智子 市川実日子 伊武雅刀 五十嵐陽向 大森南朋 松重豊 妻夫木聡


ある雨の日、手足を鎖につながれた状態で腹を空かせた獰猛な犬たちを放たれ、生きたまま餌にされた惨殺死体が発見される。“凶器”となった犬の胃の中からは“ドッグフードの刑”と書かれた謎のメモが。それが、自分をアーティストと呼ぶ“カエル男”による連続殺人事件の始まりだった。犯行はいずれも雨の日に行われ、現場には必ず謎のメモが残されていた。新米刑事の西野とともに捜査に当たる沢村は、被害者の共通点を突き止め驚愕する。それは次のターゲットが沢村の妻・遥であることを意味していたのだった。沢村は冷静さを失い、カエル男の罠にはまって逆に追い込まれていく。

あなたは、
最悪のラストを
期待する


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

11 ミュージアム

今作ってR指定じゃなのの?前の席にお子様が…学生と言うには幼い子供だった。って言うか平日になんで子供がいてるの?
そしてこの作品をチョイスする親ってどうなん?そして案の定、子供は親に質問攻め?それを無言で対応してる親はある意味あっぱれ!周りの迷惑を考えると返事しないのが一番だもんね。
それにしても映倫って何を基準に?結構、グロかったですよ~いくら漫画が原作でも…子供にはあかんで?!
コメディでも下ネタ満載だときっぱりR指定なのに…不思議や~

テンポが良いです…でも、そんなに早く進んで良いの?って感じでしたが、結果として刑事とカエル男との対決と言うか?それがメインなのね。
結局、この殺人鬼は幼いころに見た光景によってトラウマを抱え自ら落ちて行ったって事ですか?
そしてラスト…同じように悲惨な状況に出くわせてしまった刑事の幼い息子が…って含みを持たせて終わるんです。

連続殺人は最初の犠牲者たちはあっさりと殺されます。そして被害者との共通点もすぐに見つかります。だけど犯人にたどり着けない…でも、次の犠牲者は解ってる、その中に刑事の妻も居た!でも、妻は子供を連れて2週間前に家を出て行って消息不明?!そして妻の友人のところにいることがわかるけど既に拉致されてしまった後。関係者という事で刑事は捜査から外されてたけど、単独行動に走るよね…必死で妻と子供、そして連れ去った犯人を捜す刑事は、犯人と遭遇した時の様子である事に気が付いて犯人に迫るのだけど…

色んなシーンでそれはあかん!って事が多くって…隣の若いお姉ちゃんは常に下を向いてました。彼女たちって何を目的に見に来たんだろう?怖いもの見たさ?それはともかく、犯人を追い詰めたけど結局は追い詰められる刑事とその家族の運命は…

犯人役ですが…男前は封印です。誰か解らんかった…知ってたけど、声は本人だったし…最近、いろんな役に挑戦されますね~以前はそれ程、気にして無かったけど、今作でずいぶんイメージが変わって凄いやん!って思った。次の彼の作品がちょっと楽しみだと思いました。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード