インフェルノ



ジャンル:ミステリー
原題:INFERNO
製作年:2016年
初公開年月:2016/10/28
製作国:アメリカ
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間:121分
監督:ロン・ハワード
原作:ダン・ブラウン
出演:トム・ハンクス フェリシティ・ジョーンズ イルファン・カーン オマール・シー ベン・フォスター シセ・バベット・クヌッセン


ラングドン教授が目覚めたのは、なぜかフィレンツェにある病院の一室だった。過去2日間の記憶がない彼は、謎の刺客に命を狙われるも、女医シエナの手を借り、どうにか病院から脱出する。何も思い出せない彼のポケットには1本のペンライトが。そして映し出されたのは、ダンテの神曲“地獄篇”を模した『地獄の見取り図』。そこに刻まれた“暗号”を探るうち、ダンテのデスマスクの持ち主で大富豪の生化学者ゾブリストに辿り着くラングドン。彼は人口爆発による人類滅亡を回避する唯一の解決策だとして、恐るべき計画を目論んでいた。シエナとともに次々と立ちはだかる謎を読み解き、ゾブリストの野望を食い止めるべく奔走するラングドンだったが…。

人類は滅びる――
全てはお前次第だ。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

10 インフェルノ

今シリーズ大好き!謎が簡単にわかり過ぎるけど、突っ込みどころもあらだろうけど2時間の時間制限もあるし、娯楽作品だし良い。見終わって面白かった!と素直に思える。

今回、いきなりですがラングドン教授は病院で治療を受けてます。目覚めて状況を全く把握できない教授、幻覚が見え視界がぼやけてる中、警察官の恰好をしてるのに襲われる。たまたま治療中だったジョイのシエナに助けられ魔の手から逃れることになる。
混濁する記憶の中で状況を把握しようとする教授。そして教授を追うのは謎の組織に所属してる先の警官と、WHOの職員、しかも何故か同じ組織なのに敵対し3手から追われることになる。
そして教授は血まみれの自分の服のポケットから出てきたヒントを手掛かりに既に解いたのであろう謎をはっきりしない意識の中思い出そうと行動する事に…たまたま居合わせた女医は巻き込まれる形で教授をサポートするのだけど…

教授の昔の恋人とか両親にもらった大事な時計とかアイテムも出てきますが、とりあえず謎を解き危機を救うために奮闘してます。
WHOも信用できる組織か?なんて少し思ったりもしますが、謎の組織が出てきますが、なんかトップの彼が良いんです。是非シリーズに参加してほしいくらいです。スピンオフの作品も見たいって思うくらい好みでしたが…やっぱり主役は教授なんですよね。

このシリーズ…原作本もかなり面白いんではないだろうかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード