夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

心霊ドクターと消された記憶



ジャンルサスペンス
原題:BACKTRACK
製作年:2015年
初公開年月:2016/05/14
製作国:オーストラリア
配給:プレシディオ
上映時間:90分
監督:マイケル・ペトローニ
出演:エイドリアン・ブロディ 、 サム・ニール 、 ジョージ・シェブソフ 、 ロビン・マクリーヴィー 、 クロエ・ベイリス 、 ブルース・スペンス 、 マルコム・ケナード 、 ジェニー・ベアード 、 アンナ・リース・フィリップス


愛の娘を亡くした悲しみから未だ立ち直れずにいる精神分析医のピーター。日常を取り戻すべく、徐々に患者の訪問を受け始めていた。そんなある日、エリザベス・ヴァレンタインという少女が現われ、1枚のメモを残して去っていく。やがてそのメモが、20年前の列車事故と関わりがあることを突き止めるピーターだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

罪悪感から見る幻なのか?本当に幽霊なのか?
娘を亡くした精神分析医のピーターは悲しみを乗り越えるために仕事復帰する。
だけど患者は皆死者だった?使者なのかも?本当に見てたのか彼の夢おちなのか?相談してた友人も実は…だったし。
でも、彼は子供のころの欠落した記憶が少しづつ蘇ることに…
それを確かめるべく郷里に帰り久々に警察官を勇退した父に会う。
友人とも出会い、子供のころを思い出す…それは子供のころに見た列車事故を目撃した事…実は自分のところに来てた患者はこの事故で亡くなった人々だった?!そして事故の原因は自分たちが置いた自転車では無いかと思う。友人に警察に行って正直に話すと言ったら友人は自殺するし…警察も記録するけど責任は問わないと言うが…
そして彼はそれ以上の事を思い出すんです。事故で死んだとされる一人の少女の事を…記憶を忘れるだけの強烈な現場を見たことを思い出す。確かめるべく父の元へ向かうのだけど…

それなりの描写はあるけど、怖くないです。
人は罪悪感で幻を見る…結局は現実か幻か解らないけど、罪悪感により自業自得となってしまったんだろうとは思う。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター