夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

海洋天堂



ジャンル:ドラマ
原題:OCEAN HEAVEN
製作年:2010年
初公開年月:2011/07/09
製作国:中国
配給:クレストインターナショナル
上映時間:98分
監督:シュエ・シャオルー
出演:ジェット・リー 、 ウェン・ジャン 、 グイ・ルンメイ 、 ジュー・ユアンユアン 、 カオ・ユアンユアン 、 ドン・ヨン 、 カオ・ユアンユアン


中国、チンタオ。水族館で働くシンチョンは、妻に先立たれて以来、自閉症の息子ターフーを男手ひとつで育ててきた。ところがシンチョンに癌が見つかり余命がわずかと判明してしまう。これまではターフーの面倒をつきっきりで見てきたシンチョン。しかし、息子の将来を案じた彼は、残された時間でターフーにひとりで生きる術を一つひとつ教え込んでいくが…。

平凡にして偉大なるすべての父と母へ――。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

う~ん…国は違えど難しい問題。それでも国によってサポートの違いはあるんだろう?
医学が発展し命が伸びる。それは嬉しいことだけど、障害を持って生まれた子供は親が元気なうちは良いけど…その後は?って大きな問題を常に抱えてる。グループホームとか…うまく自分にあった場所で障害があってもうまく生きれる場所に当たれば幸いだけど。苦労する子も居てるだろうし、その心労をうまく表現できずにさらに苦しむ子も居てるんだろうなぁ?とも思う。
結局はどう言うシステムが良いんでしょうね?

そんな直面にあった親子を描いてます。
息子は自閉症、妻は先立ち男一人で面倒を見て育ててた。近所には理解してくれる人も居てたけど…父親が末期がんになる。
自分の余命を知った父親は息子に教えてあげたいことを一人で生きる術を教え込んでいく。それと同時に生きる場所も探すけど、これが中々難しい。幼い子供なら入れる施設、うんと年を取った人が入れる施設…だけど青年が入れる場所はない。病院は息子にとって恐怖の場所でしかない…
あちらこちらを訪ねあるく父親に昔、息子が通ってた養護学校の先生が声をかけてくれる。
そこは世話する人も居てるけどグループホームみたいでしたね?
なんとか居場所を見つけたけど、一人では対応できず、結局は父親も一緒に住むことになるんだけど…
本当に丁寧に息子に一つ一つ教えていくんですよね。見てるだけで心が苦しくなる…
それと同時に息子の初恋も描かれてます…それはそれで難しい問題で見てるとハラハラすると言うか、悪い方に考えてしまって…でも、今作はどちらも前向きな方向で終わってたのでホッとしました。

親と言うのは凄い存在だとつくづく思いました。

Comment

 

初めてここにコメント入れるような気がします。

観てくれてありがとう。
映画を通してでも、こうやって一人でも多くの人に知ってもらうことからだと思っています。

宙を見て笑ったり、クチャクチャと音を立てて食べる様子、すごく息子と共通してて、それは今でも毎日のように指摘しているんだけどね。
なかなか直りません。
  • posted by ジュリア 
  • URL 
  • 2016.09/28 16:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

ジュリアさまへ

コメントありがとうございます。
今頃のお返事申し訳ありません。
書きっぱなし状態のブログでして…

直接は関わってないんだけど、従妹や親しい友人がどっぷり仕事で関わってて
色んな話を聞きます。
理解できることもあるし…解らないこともある。

そして、こう言う作品で見ると考えさせられる事ばかりです。
ジュリアさんのブログを見て見るべきと思いました。

当事者が一番つらいのでは…でも、どうする事も出来なジレンマも感じてしまう。
難しい問題です。
  • posted by 夢眠 
  • URL 
  • 2016.10/23 11:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター