2016_09
15
(Thu)21:21

スーサイド・スクワッド




ジャンル:アクション
原題:SUICIDE SQUAD
製作年:2016年
初公開年月:2016/09/10
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:123分
監督:デヴィッド・エアー
出演:ウィル・スミス ジャレッド・レトー マーゴット・ロビー ジョエル・キナマン ヴィオラ・デイヴィス ジェイ・コートニー ジェイ・ヘルナンデス アドウェール・アキノエ=アグバエ アイク・バリンホルツ スコット・イーストウッド カーラ・デルヴィーニュ 福原かれん アダム・ビーチ


スーパーマンがいなくなった世界に最大の危機が訪れた。政府は最後の手段として、服役中の悪党たちによる最強の特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成することに。さっそく、百発百中の冷酷スナイパー“デッドショット”やジョーカーに一途な想いを寄せるクレイジー・ガール“ハーレイ・クイン”をはじめ選りすぐりの極悪人が集められ、減刑と引き換えに到底達成不可能と思われる危険なミッションが託される。ただし、そのクビには、命令に背けば即座に爆発する自縛装置が巻かれていた。こうして、人類史上もっとも凶暴な悪党たちが、刑務所の外へと放たれるのだったが…。

世界はこいつらに
託されてしまった!


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

09 スーサイド・スクワッド

メインのストーリーの合間を埋める作品って感じでした。でも、ずっと関連作品を見てると凄く楽しめちゃうんですが…結局は悪党なんです。まぁ完全悪ではなくどこかヒューマンな部分があり、悩みもあり、だけど普通の人から見れば立派な悪党な面々なんですけどね。

スーパーマンが亡くなった前回の作品、なぜか焦る政府、懸念は事実となり目撃情報が出てこりゃえらいこっちゃと最強の部隊を編成することに…それは特別な刑務所に収監されてる極悪人達だった…それと何故か魔女とかも使おうとするんだけど魔女と神って紙一重な存在でしょ。人間が操れるのか?なんて思ってたら結局、立派な敵を作ったのは政府でそれを倒そうと動かす人間は悪党で…凄い矛盾を感じてしまいました。

それぞれが個性的な悪党だけど愛も存在してて・・・でも、結局は自分勝手なんだよね~動かす政府も似たり寄ったりでダメじゃんと思うしかない。

結局は自分で敵を作って成敗して、次回作のヒントを与えるための作品って感じでした。
まぁそれでも見てる間は面白かったけどね。ちなみに福原かれんって誰?!

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック