キャロル



ジャンル:ドラマ
原題:CAROL
製作年:2015年
初公開年月:2016/02/11
製作国:イギリス アメリカ
配給:ファントム・フィルム
上映時間:118分
監督:トッド・ヘインズ
原作:パトリシア・ハイスミス
『キャロル』(河出書房新社刊)
出演:ケイト・ブランシェット 、 ルーニー・マーラ 、 カイル・チャンドラー 、 ジェイク・レイシー


1952年、クリスマス目前の活気あふれるニューヨーク。高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイトをしているテレーズ。フォトグラファーという夢を持ち、恋人のリチャードからは結婚を迫られるなど、一見充実しているかに思えて、どこか満たされない日々を送っていた。そんなある日、ゴージャスな毛皮のコートを着た女性キャロルが、娘のクリスマスプレゼントを探しに彼女の売り場へやって来る。その美しく優雅な佇まいに一瞬で目を奪われ、強い憧れを抱くテレーズ。後日、ふとした成り行きからキャロルにランチに誘われ、彼女が夫ハージとの愛のない結婚生活に苦しんできたこと、そしてついに離婚を決意したことを知るが…。

このうえもなく美しく、
このうえもなく不幸なひと、キャロル。

あなたが私を変えた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
なんだかすごくドキドキする。最初の出会い、ダメとか違うんじゃないかと思いつつ惹かれあっていく過程。
雰囲気もすごく素敵で風景も素晴らしくってインテリアとかも凄く惹かれる。
クリスマスと言う時期も良いのかも…
ジャーナリストを目指してニューヨークに出てきたテレーズはアルバイトで百貨店のおもちゃ売り場に。そこへ娘のプレゼントを探しに来たゴージャスで優雅で鮮麗された女性がキャロルが来る。希望してた人形が見当たらず相談するキャロルに電車のおもちゃを進めるテレーズ…彼女の幼いころは女の子しかしない遊びはしなかったのかな?そんな感じを持ちました。
そして勧められるままにそのおもちゃを買うキャロルはうっかり手袋を忘れて帰ってしまう。
テレーズはカードと一緒に彼女の家に返送してあげたことにより二人は再開することに…
キャロルは離婚調停中、テレーズは結婚を希望してる彼氏が居てる…でも、二人は引力が引き合うように惹かれあう。
これが異性同士なら…恋人が居たり既婚者だったりとハードルは高いけどありがち…でも、相手が同性なら。戸惑い、タブーな感情、それでも惹かれあう何か…そんな思いが見てて凄くドキドキしちゃう。

でも、キャロルの夫は離婚を認めず、彼女の女性に対する思いも水に流し一緒に住みたいと考えてる。でも、それが我慢できないキャロル。そして夫は共同の親権を取り上げることで離婚を阻止しようとまで考え子供と会えない期間、キャロルはテレーズと旅に出る。でも、それが裏目に出てキャロルは決断するのだけど…

そしてキャロルは選ぶんです。そりゃ子供も大事だけど取り上げられるか自分を偽るかの選択に彼女は自分を生きることを選ぶ。
テレーズもいったん踏ん切りをつけたけど素直な思いに立ち返る。二人は互いに自立しそして互いを思い遣れるんだろうな~と思う。

とにかく映画全体の雰囲気が素晴らしかった。こんな風な恋愛を同性異性に関わらず出来たら素敵だろうなぁと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード