夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

君の名は。



ジャンル:アニメーション
製作年:2016年
初公開年月:2016/08/26
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:107分
監督:新海誠
声の出演:神木隆之介 上白石萌音 長澤まさみ 市原悦子 成田凌 悠木碧 島崎信長 石川界人
谷花音


千年ぶりとなる彗星の接近を1ヵ月後に控えた日本。山深い田舎町で鬱屈した毎日を過ごし、都会の生活に憧れを抱く女子高生の三葉。ある日、夢の中で自分が東京の男子高校生になっていることに気づき、念願の都会生活を満喫する。一方、東京の男子高校生・瀧は、山奥の田舎町で女子高生になっている夢を見る。そんな奇妙な夢を繰り返し見るようになった2人は、やがて自分たちが入れ替わっていることに気がつく。戸惑いつつも、メモを残してやりとりしながら、少しずつ事実を受け止めていく瀧と三葉。ところが、互いに打ち解けてきた矢先、2人の入れ替わりは突然起こらなくなってしまう。そこで瀧は、夢の記憶を頼りに三葉に会いに行こうと決心するのだったが…。

まだ会ったことのない君を、探している

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


09 君の名は。


新海誠にしては珍しいラストなんだけど、切なさも映像の美しさも健在です。
時がテーマになると矛盾や突っ込みどころも出てくるんだけど、アニメだしまぁ突っ込むのは控えましょう(笑)

ある日、眠ると心と体が入れ替わってる。岐阜の田舎に住む女子高生と東京に住む男子高校生、はじめは戸惑う二人だけど、週に2度ほど入れ替わるとなれる順応性。最近はスマホと言う便利ないアイテムもあるし、自分たちで処理できる問題でもないし、なんとなくそれぞれ上手くやってる感じ?岐阜の女子高生は由緒ある神社の末裔、だけど婿養子の父は母の死後、政治の世界へ
祖母に育てられた彼女は町の歴史を知り引き継ぐものだった…そして彼女に血筋には不思議な体験もあるのかも?
一方東京の男子高校生はなぜ?彼とつながったのか不明で、いわゆる普通の男子だった。絵はうまかったけど…
それぞれが入れ替わりと言う奇妙な交流の中に芽生えて来るものがあり、だけどある日、そんな不思議な現象が全く消えてしまう。でも、記憶は残り東京の男子高校生は彼女の町へ会いに行くんだけど、そこは実は3年前に消滅した町だった!そして徐々に薄れていく記憶…彼は消えそうな記憶を頼りにある場所へと向かう。
神社の祖先の話、あれは町の人々を救うために起こした火事だったんかな?彼も実は未来が見えてたんかな?なんて本筋と違う話に気を留めつつ、二人の未来は?なんて思ってました。

そんなに大勢の人の運命を変えたら歪が出るんちゃうんなんて突っ込んでしまいたくなるけど、まぁ良いか。
さらなる出会いは数年後、心に残る喪失感が切ないけど、求めてれば出会えるのかなぁ~

余りにもファンタジーな画なので見るのを躊躇してたけど友人が見たいと言ったので断然、興味が出ちゃった。この映像の美しさ、なんとなく感じる喪失感、意外な話の展開は映画館で見るのが良いかも?

観客に男の子と呼んでも良いような人が多かったのが意外でした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター