夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

月別アーカイブ

FC2カウンター

パディントン 2016-08-11-Thu




ジャンル:コメディ
原題:PADDINGTON
製作年:2014年
初公開年月:2016/01/15
製作国:イギリス
配給:キノフィルムズ
上映時間:95分
監督:ポール・キング
原作:マイケル・ボンド
出演:ヒュー・ボネヴィル 、 サリー・ホーキンス 、 ジュリー・ウォルターズ 、 ニコール・キッドマン


真っ赤な帽子を被り礼儀正しいそのクマは、イギリスの探検家に会うため南米ペルーのジャングルから船ではるばるロンドンまでやって来たばかり。大きな駅で途方に暮れているところを挿絵画家のブラウン夫人に助けられる。駅名にちなんで“パディントン”と名付けられた彼は、ブラウン家の屋根裏に泊めてもらうことに。しかし、お風呂の使い方が分からず家中を水びたしにしてしまい、旦那さんのブラウン氏はカンカン。あやうく家から追い出されそうになるパディントンだったが…。

きっと見つかる、
もっといいこと。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

このクマさん見覚えがある!児童文学?
一昔前、イギリスの探検家が南米ペルーで出会った新種のクマ。彼らは少し知性を持ち合わせてた。一緒に居てるのが楽しくって探検家は長居してしまうが、その間に知識を与えたようで…現代、道具を使い言葉を話すクマさん家族。
でも嵐で二人きりになり、若いクマがイギリスへ向かう。探検家にもらった帽子をかぶって。
だけど大きな駅で途方に暮れてしまうクマを見つけたのがブラウン家族。父は関わりたくないと思ってるけど、母はほってはおけない。とりあえず自宅に招待。ブラウン家は両親と子供たちと叔母の5人家族、初めての人間の生活に戸惑うけど、迷い込んだ駅の名を付けてもらい、探検家探しの協力をしてくれる事に…
でも、彼の存在を知ってた人物が居てた、それは自然史博物館で剥製を作る女性…彼女は執拗にクマを剥製にするために追い求める…それには悲しい過去があったんだけどね~
とにかく、この女性をニコール・キッドマンが演じてるんですが、良いわ~こう言う役も出来ちゃうんですね。

そして一見普通の家族だけど凄い!父は昔と違い子供を授かったことで守りに入った人で実は…おばさんの酒の強さ(笑)子供たちも姉は語学の天才でクマ語も習得?!弟は天才科学者?!なかなか個性的な家族でそれぞれの特技がパディントン救出に役に立ちます。
パディントンと名付けられたクマが受け入れられて家族になっていくまでを描かれてます。

CATEGORYレンタル Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« 独裁者と小さな孫 | ホーム | アーロと少年 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |