アーロと少年



ジャンル:アニメーション 
原題:THE GOOD DINOSAUR
製作年:2015年
初公開年月:2016/03/12
製作国:アメリカ
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間:93分
監督:ピーター・ソーン
声の出演:レイモンド・オチョア ジャック・ブライト サム・エリオット アンナ・パキン A・J・バックリー
ジェフリー・ライト フランシス・マクドーマンド スティーヴ・ザーン

弱虫で甘えん坊の恐竜アーロは激しい嵐に遭遇し、最愛の父を亡くしてしまう。ある時、失意のアーロは川に落ちてしまい、見知らぬ土地で目覚める。途方に暮れるアーロを救ったのは、彼が父の死の原因になったと恨みを抱く人間の少年だった。しかし少年はアーロの側を離れようとはせず、やがて彼もひとりぼっちなのだと気づくアーロ。少年をスポットと名付け、自分とは正反対に体は小さくとも勇敢な彼と少しずつ友情を育んでいく。そしてアーロはスポットと一緒に家族が待つ我が家を目指して大冒険へと旅立つのだったが…。

初めて、誰かを守りたかった――。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
レンタルでもいきなり設定は日本語なのね。慌てて字幕に変えて鑑賞。
恐竜の時代に隕石がぶつからずに通り過ぎて行ったので、知能をもった動物は絶対的な大きさを持つ恐竜たちだった。
器用な指先が無くっても畑仕事出来るのね…力の強さは道具も不要なのかもね?!

ある農家の恐竜夫婦はもう直ぐ親となる。生まれる瞬間を見つめるなか3つの卵は割れ中から子供たちが誕生。最後に残った大きな玉子から出てきたのは小さな体のアーロだった。兄弟たちに比べ力もない彼だけど、家族からは愛されてましたよ。でも劣等感はアーロの中で大きく成長しちゃいました。
家族は冬の蓄えを貯蔵してたけど、手先の器用な泥棒が盗んでると知り、父はアーロに監視と駆除の仕事を依頼する。
だけど罠にかかったのは人間の子供でアーロは殺せなかった…それは優しさと言うよりも異生物に対する恐怖だった。
そんなアーロを厳しくしようと父は農場の柵を出てアーロと人間の後を追うのだけど、天候が悪く嵐になり父は濁流に飲まれてしまい亡くなる。落ち込むアーロはまたあの人間を見つけ後を追うが今度は彼が川に落ち流される…
遠くまで流されたアーロを救ったのが人間の子供だったのよね~なんでだろう?最初に出会ったときに助けたから?
なんとなく二人には友情が芽生え、そして二人の冒険が始まる。
人間の子供が可愛いんですね~四足で歩くし凄い野生的なんだけど、ちょこまかと動く様子が可愛い。そして一人で生きてきたようでたくましい!そんな子供に刺激され、そして途中から子供を守るようになるアーロは少しずつ勇気ある行動が出来るようになり母や兄弟が待ってる家を目指す。

嵐の後に小動物を捕食しにくる卑怯な翼竜とか、怖いんだけど実は優しい牛飼いの大型恐竜たちとか出てきます。
人間はあくまでも動物的立場だったけど…恐竜が絶滅しないと人間には進化せいへんかったん違うの?なんて思うのは余計なお世話ですよね。

意外とって言うとなんだけど、面白かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード