夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

エベレスト



ジャンル:ドラマ
原題:EVEREST
製作年:2015年
初公開年月:2015/11/06
製作国:アメリカ イギリス
配給:東宝東和
上映時間:121分
監督:バルタザール・コルマウクル
出演:ジェイソン・クラーク 、 ジョシュ・ブローリン 、 ジョン・ホークス 、 ロビン・ライト 、 ジェイソン・クラーク


1996年、春。ニュージーランドの登山ガイド会社によって世界最高峰エベレストの登頂ツアーが企画され、医師で登山経験豊富なベックや前年の雪辱を期す郵便配達員のダグ、著名なジャーナリストのジョン・クラカワー、そして紅一点の日本人女性登山家・難波康子ら世界各国から8人のアマチュア登山家が参加した。彼らを率いるのはベテラン・ガイドのロブ・ホール。一行は標高5000m超のベースキャンプに滞在しながら、1ヵ月かけて身体を高度に順応させていく。その間、ベースキャンプは多くの商業登山隊でごった返し、様々なトラブルが発生していた。そんな中、ロブ・ホールは別の隊を率いるスコット・フィッシャーと協調体制を取ることで合意、互いに協力しながら山頂を目指すのだったが…。

地球上で最も危険な場所へ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

登山経験とトレーニングを積めば、そしてお金さえ出せば山頂まで連れて行ってくれる商業登山が盛んになり始めた時代、実際に起こったエベレストでの実話を描いてます。
登山には興味が無いので事故も知らないし、ましてや大枚を叩けばツアーがあるなんて、全く知りませんでした。安全第一って言うけど命がけだよね。
しかもベースキャンプは混みこみなんですよ。いくつものツアーが混在してて、山頂制覇はどのツアーも同じ日ってどうなんやろう…天候、山の具合を見ながらの登頂なので当然のことなのかも?!トラブルもあるけど、あり過ぎて困惑し結局は協力しようって事になって本当に良かった…と実感した。

ベースキャンプまで登って体を慣らして登頂するんですね。
装備だって酸素マスクしてて、やっぱりなんで?そこまでして登るの?って思うんだけど、達成感は半端ないだろうなぁ~とも思う。色んな思いを抱いて登頂する人々、凄いなぁ~の一言です。
でも、状況はあまり良くないんですね。
そして山の天気は変わりやすい、しかも酸素濃度も低ければ寒さも半端ない、人間の体は順応出来る人と無理な人といてるし、環境が変わればどんな症状がでるかも人それぞれで…それでも登頂した人々は嬉しさいっぱい、途中で諦めた人は悔しさいっぱいなんだろうなぁ~そして一人、どうしても登頂したいと願った顧客に付き添って登頂成功させるんだけど、気力は下山まで続かなく天候も変わり最悪な状況、他のメンバーも嵐に見舞われてしまう。
助けに行ける人たちも疲れ切ってしまった状態で、難しい選択をせざる得なくなります。
実話なので奇跡はないだろう・・そんな思いで見てましたが、事実は小説より奇なりなんて言いますが、あるんですね。そこで死ぬ運命じゃ無かった人が…生きてる!そう思った瞬間は本当に嬉しかった。だけど多くの犠牲者もだしてしまい、きっと最悪な年だったのかな?!
そんな事故があっても、また山頂を目指す人々がいっぱい居てるんですね。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー