夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

ターザン:REBORN



ジャンル:アドベンチャー
原題:THE LEGEND OF TARZAN
製作年:2016年
初公開年月:2016/07/30
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース映画
上映時間:110分
監督:デヴィッド・イェーツ
出演:アレキサンダー・スカルスガルド サミュエル・L・ジャクソン マーゴット・ロビー ジャイモン・フンスー
クリストフ・ヴァルツ ジム・ブロードベント ローリー・J・セイパー クリスチャン・スティーヴンズ キャスパー・クランプ ハドリー・フレイザー ジュネヴィーヴ・オライリー サイモン・ラッセル・ビール ユール・マシテン

19世紀末の英国ロンドン。家督を継いで貴族となり、愛する妻ジェーンとともに裕福な暮らしを送る、かつてのターザンことジョン・クレイトン。国政にも関わる彼は、外交に協力するため、ジェーンを伴い故郷のコンゴを訪問する。しかし巧妙に仕組まれた罠によってジェーンが連れ去られてしまう。愛する妻を取り戻すため、すべてを捨ててジャングルへと舞い戻り、ターザンとしての眠れる野生を呼び覚ましていくクレイトンだったが…。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


08 ターザン:REBORN

面白かったです。でも、ここが見どころだ!ってシーンが無く印象が残らないんです。ちょっと残念。
映像もCGで描かれた動物たちもリアルでした。

お話は彼が人間として生きる道を選び、父の跡を継いで貴族として生きて行くこと…ジャングルで知り合った妻ジェーンと共に…だけど運命は彼をジャングルへと引き戻す。

ある国がコンゴを植民地とするが、思うように開発は進まず金ばかりかかる。コンゴの秘境にはダイヤモンドが眠ってるがそこを守る部族は強敵…だけど、部族長はターザンを差し出せばダイヤはくれてやると言う。
そんな思惑もあり、ターザン事今はイギリス貴族のジョンは特使と言う建前で招かれる。最初は拒否する彼だけど一人の学者が不正が行われて人々が奴隷として働かされてるかも知れない、その証拠を掴みたいんだと説得しジョンは引き受けることに。
妻は残して行くはずだったが、妻にとっても幼いころを暮らした故郷で一緒に行くと言い張り付いてくる。
そして懐かしい場所へ…ジョンを最初に受け入れてくれた部族の元へ
そこに彼を捕まえるために軍隊が襲ってきて多勢と武器に手出しできず捕まるが、一緒に来た学者の手によって救出される。だけど妻と部族の若者が何人も捕まってしまう。
彼は助けるために、宿敵の住む場所へ向かう…

ターザンはライオンさんとは仲良しだけど兄弟として育ったゴリラとは戦う、それは互いを認めてるからこそなんだよね~きっと?そして勝負がつくと命まで取ることが無い…ここが人間と圧倒的な違いなんだよね

育ったジャングルを自由に駆け回り妻の元へ向かうターザン。
結局は私利私欲にまみれた白人が絶対的な悪で、ターザンはジャングルの動物を使い追い詰めることに…
ジャングルの動物たちが彼に協力してくれるのは、ほんの一部で野生である動物たちが変につるまないのが良いと思った。

妻がとっても強かったのが良い。回想で彼が育った時のことや妻と出会った時のことを思い出すんだけど、ターザンの物語って誰でも知ってるって事が前提。でも、回想で十分に解るから間違いなく周知の事実だって事ですね。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター