夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

映画「信長協奏曲」





ジャンル:SF
製作年:2016年
初公開年月:2016/01/23
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:126分
監督:松山博昭
原作:石井あゆみ
出演:小栗旬 、 柴咲コウ 、 向井理 、 藤ヶ谷太輔 、 水原希子 、 古田新太 、 濱田岳 、 高嶋政宏 、 でんでん 、 山田孝之


戦国時代にタイムスリップした高校生サブローは、ひょんなことから瓜二つの織田信長と出会い、信長として生きていくハメに。それでも覚悟を決め、戦乱の世に平和をもたらそうと天下統一を目指していく。しかし、ふと手にした歴史の教科書で信長の最期が目前に迫っていることを知り愕然とする。そんな中、自ら明智光秀となってサブローを支えると誓ったはずの本物の信長は、妻・帰蝶と真の愛を育むサブローに嫉妬心を募らせる。さらに、信長への復讐に燃える羽柴秀吉も、虎視眈々と暗殺の機会を窺っていたのだが…。

いつの時代も、やっぱ平和が一番でしょ!

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

テレビドラマも見てなかったし、映画もスルーしましたが、利用してるサイトで今月いっぱい無料鑑賞できるポイントがあったので利用しました。

完全なる、テレビの続きでラストを映画で持ってきたって感じですね。
どうも歴史に弱い高校生がタイムスリップして織田信長と出会い承諾の元で入れ替わったけど当の本人は舞い戻り名前を変え家臣となり信長を支えようとするけど、キャラクターのお陰かカリスマがあったのか知りませんが、高校生の信長の方が他の家臣や妻に人気だと知って嫉妬したけど…そして一部の家臣も実は未来人だと知ってるよん。な感じの前振りがありまして物語は本能寺の変へと向かうんです。

歴史に弱いっていうのがポイントなんですね~でもってタイムスリップしてきたのは彼だけでは無いって事もポイントですか?
15年も前にタイムスリップしてきた男と互いの素性を知る関係となってるが、男は一般常識程度の歴史は知ってて織田がもう少しで死んじゃうよ~って彼に告げるの。そしてこの男、実は野心を抱えてるんですよね。
更に本物の織田は実は家臣だと知る男も居まして…こいつが織田に復讐をしたいと考えてる男で…本物を言いくるめて取って代わるべきだと助言するんですが…本物はどうも自分の分に気が付いたようで嫌だ~なんだけど、復讐しようとした男はそれを許さずとことん追い詰めることに…
さてそれは誰でしょう(笑)って解説に出てるけど。

歴史は全く変わってないんだけど、実は…って発想が面白いね。
結果しか解らないんだから何が正解なのかもわから無し本当にこんな裏があったのかも?!って思うのも楽しいです。

さて、今作ですが、割と平和に完結してますね。
過去と現代が繋がるアイテムが出てくるのは最近の傾向?でも…電源はどうした?と突っ込みたいけどね~
そして入れ違いでタイムスリップしてきた日本史好きの外国人で河童と呼ばれた男の生きざまを見てみたかったかも(笑)

やっぱりドラマを見てないので思い入れが無く、予備知識も無く冒頭の説明だけだったので、まぁこんなものか~なんですが、意外と良いやん!ってシーンもあってそれなりに楽しめました。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー