7番房の奇跡



ジャンル:ドラマ
製作年:2013年
初公開年月:2014/01/25
製作国:韓国
配給:コムストック・グループ(配給協力 キノフィルムズ)
上映時間:127分
監督:イ・ファンギョン
出演:パク・シネ 、 リュ・スンリョン 、 カル・ソウォン 、 チョン・ジニョン 、 パク・ウォンサン 、 チョン・マンシク


知的年齢が6歳のヨングは、しっかり者の6歳の娘イェスンの父親。2人は貧しくも、幸せな日々を送っていた。そんなある日、ヨングは不幸なトラブルに巻き込まれ、少女殺害の濡れ衣で逮捕、収監されてしまう。そして7番房に入れられた彼を待っていたのは先輩囚人たちの手荒い洗礼。ところがある時、ヨングはふとしたことから房長ヤンホの命の恩人に。そこで7番房の囚人たちは、イェスンに会いたいというヨングの願いを叶えようと、彼女を7番房に潜入させるための一大作戦を決行する。こうして塀の中で感動の再会を果たしたヨングとイェスンだったが…。

あなたに会えてよかった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
知的障害の父親、頭の良い6歳の娘…これって実の子か?なんて思った父親は決して母親のことを言わない…生まれた時の様子は克明に覚えてるのに?欲しくない子供を身ごもった女に押し付けられたんじゃないだろうか?なんて思いつつ…
それでもしっかり父親は子供の為に働いてます。子供が欲しがってるセーラームーンのついたランドセルを買うのが当面の目標だけど、たったひとつ残ってた商品が売れて少しトラブル。
そんな彼に買った子供が声をかける別の店でも売ってたよ~は子供の親切心かな?!でも、彼はよく理解できず女の子の後をついて行っちゃった…凄い嫌な予感だよね。そして案の定、女の子は亡くなり、どう見ても蘇生させようとしてるんだけど、そうはとらえて貰えず犯人扱い。彼もうまく説明が出来ないし状況すら把握して無いし…そして亡くなった女の子の親が警察幹部だっただけに緊急の事件解決が必須だったために正当な捜査もされず明らかに冤罪で解決です。
そして牢屋に収監される…部屋の最初の洗礼を受け怖がってる父親のヨングだけど房長の命を助けた事でなんでも願いを叶えてやると言われ娘を連れて来て欲しいと切望する。
意外と…と言うか可能なのか?って思われる方法で無事に娘を連れて来てくれて感動の再会!でも、入れるのは簡単だけど出すのは難しい?結局、開放に失敗して看守に見つかることに…でもある事件がきっかけで刑務官のトップが彼の事件に疑問を持ち始める。そして娘との面会をスムーズに手配してくれる。
刑務所の房の仲間も、刑務官も優しい目線で二人を見てくれ、判決が下る裁判でちゃんと証言できるように協力してくれるのだけど、当日は娘を引き合いに出され脅され自ら罪を認めてしまう。
そして何故か刑の執行が早くに決まり、房の仲間は脱獄させようなんて思うんだけど…

別れは悲しかったです…そして数年後、娘は弁護士となり父の無罪は晴らす事に…

知的障碍者が誤解され犯罪者となる…これって意外と現実にありがちなんですよね。偏見のない目で見る…難しいけど心がけなければと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード