2016_07
19
(Tue)17:17

夜のとばりの物語 -醒めない夢-



ジャンル:アニメーション
原題:Les Contes de la Nuit
製作年:2010年
初公開年月:2013/01/19
製作国:フランス
配給:三鷹の森ジブリ美術館=スタジオジブリ(提供 三鷹の森ジブリ美術館=スタジオジブリ=日本テレビ=ディズニー/特別協賛 日清製粉グループ)
上映時間:84分
監督:ミッシェル・オスロ


夜な夜な好奇心旺盛な少年と少女が、古い映画館で映写技師と共に物語を紡ぎ、5つの世界の主人公となる。それぞれの物語を通して描かれるのは夢の話。未来に思い描く夢、寝ている時に見る夢、想像の夢……。様々な夢を追い求めようとした時、醒めない夢が始まる……。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
5つのおとぎ話を素敵な影絵で表現する。
洞窟に怪物が居て人々は飲食すら思うように出来ない、そこに一人の少女が居てた。少女は人々に迷惑をかけるような、そんな子だけど…一匹のネズミが導く。怪物は実は小さいんだよ!と教え勇気を出して洞窟を出ていく話。人生は勇気が必要?!

小さな村の靴職人は素敵な女性と恋してるけど女性の父親が反対。二人でいてるところを邪魔されないように大きなリンゴの木の上にベンチを渡して楽しい時間を過ごす。ある夜、靴職人が夢を見る…それはある銅像の足元に大金が埋まってると。その夢は何日も続けてみてたが、ある日、村訪れてた町の人からその場所が本当にある場所だと知り彼は向かう。
でも宝物はあるはずが無く夜、野宿をしてると荷物まで強奪される。次の日に行くと憲兵に呼び止められ夢の話をすると憲兵も夢を見る、夢は夢と言われるが、その夢は靴職人のリンゴの木そのものだった。帰って彼女にその事を言うと彼女は確かめようと穴を掘ると…幸せは足元に…。

見習い水夫とその飼い猫は船では邪魔者扱い。水夫は陸に降りたくて仕方ない、船長が降りていく後を付けたら、そこはネズミだらけで、飼い猫が大活躍!水夫は希望を叶えることに…

仕事を探してる男に魔法使いの弟子にならないかと誘われ隠れ家へ。男は才能を認められるが魔法使いの娘が助言する…
助言に従い弟子を解任されることで命が助かるが、才能ある彼は魔法使いを食べてしまう?!魔法使いとなった彼は安定を得るがさみしくて仕方ない、そして娘を迎えに行く…

王子は父の死期が近づきつつある事を知り、魔法の果物を盗みに行く…だけど見つかり、条件は別の宝物を手に入れる事…それを繰り返し最終的に七変化の姫を連れてくること…王子は堂々と正門から入り姫に謁見する。でも姫は変化することが無い…そこで姫はあるプランを考える…そして見事に目当ての果物を手に入れ父へ与えれる。そして姫は二度と変化することが無くなった…

美しい影絵とおとぎ話にもっと見たいと思いました。

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック