夢眠の映画館

かって気ままな、へたっぴレビュー!!ネタバレありかも?!

Entries

リザとキツネと恋する死者たち



ジャンル:ファンタジー
原題:LIZA, A ROKATUNDER
製作年:2014年
初公開年月:2015/12/19
製作国:ハンガリー
配給:33 BLOCKS
上映時間:98分
監督:ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ
出演:モーニカ・バルシャイ 、 デヴィッド・サクライ 、 ゾルターン・シュミエド 、 ガーボル・レヴィツキ 、 サボルチ・ベデ・ファゼカシュ 、 ピロシュカ・モルナール


1970年代のハンガリー、ブダペスト。元日本大使未亡人マルタの専属看護師として住み込みで働く独身女性、リザ。大好きな日本の恋愛小説のような甘い恋を夢みながら孤独な毎日を送っていた。そんなリザの唯一のお友だちは、彼女にしか見えない幽霊の日本人歌手、トミー谷。彼と一緒に歌い踊っているときだけは、日常の寂しさを忘れることができた。そんなある日、30歳の誕生日を迎えたリザは、マルタから2時間だけ外出することを許される。運命の出会いを期待して嬉しそうなリザを、傍らで寂しげに見つめトミーだったが…。

容疑者リザ30歳。独身。歌うユーレイと同居中

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ


何としても、先の作品のモヤモヤ感を払しょくしたいと思いコメディーを選択して見る。
日本ってこんなんなんや~と思いつつ、楽しく見れました。要所では字幕も不要!そう日本語でした。なんちゃって日本語じゃなかったのは救いだね。イメージはなんちゃって…やけど。
元日本大使の未亡人マルタ専用の専属看護師リザは不思議ちゃんですね。日本の恋愛小説が愛読書で恋することに夢見てるけど、これがまた不器用で変わってるんですね。この家には日本人の幽霊のトミーが同居?してるけどリザにだけしか見えません。
でも、ある日リザが出かけてるときに不幸にして夫人が亡くなる…彼女は家を相続するんだけど夫人の遺書に素敵な恋をしなさいね~的なことが書いてあり、自分の運命の人を見つけようと奮闘する。でもね!彼女の周りで人が死んでいくんです。そして彼女は自分は九尾の狐に呪われてると思い始める。まぁ確かに呪われてましたが…狐さんじゃ無かったかもね?!
家は継いだけど収入源を失くした彼女は部屋を貸し出すことに…そこへ現れたのが一連の事件の捜査をしてる刑事さん。
それなのに彼女は彼女と良い関係になりそうな男性が次々と死んでいく~どうしようも無くって自殺をする。そして死の淵で真実を知ることになる…彼女はどうなるのか?呪い?は解けるのか…

まぁ大丈夫です、ちゃんとハッピーエンドで終わってます。微妙な気もするけど…
ハンガリーの作品なんて他に思い当たらないけど、結構面白くって満足でした。

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドMenu

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索

最近の記事

月別アーカイブ

FC2カウンター

右サイドメニュー