ジャンル:サスペンス
製作年:2016年
初公開年月:2016/06/18
製作国:日本
配給:松竹=アスミック・エース
上映時間:130分
監督:黒沢清
原作:前川裕
『クリーピー』(光文社刊)
出演:西島秀俊 竹内結子 川口春奈 東出昌大 香川照之 藤野涼子 戸田昌宏 馬場徹
最所美咲 笹野高史


大学で犯罪心理学を教える元刑事の高倉。郊外の一軒家に引っ越し、妻・康子と2人で穏やかな新生活をスタートさせる。ある日彼は、刑事の野上から6年前に起きた未解決の一家失踪事件の分析を依頼される。事件の鍵を握るのはひとりだけ残された一家の長女・早紀。しかし彼女の当時の記憶は曖昧で、事件の核心にはなかなか近づくことができない。そんな中、高倉と康子は、謎めいた隣人・西野の不可解な言動に次第に振り回され始めるのだったが…。

あの人、
お父さんじゃありません。
全然知らない人です。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

06 クリーピー 偽りの隣人


何故か原作のネタバレを読んでしまって…原作本じゃなくネタバレだけを読むっていうのも何なんですが…面白そう!とちょっと期待度を上げて見に行きました。全体の評価は低めだったけど気にしない~でも、まぁ低めも納得と言うか、だいぶ端折ってますね。
確かに原作通りだと登場人物が多すぎてややこしくなりそうな気配も…それをうまくまとめるのも監督の力とかも思うけど?!

最後はスッキリするとかと言うと意外とそうでもなくって…お隣の娘の高笑いが怖かった。彼女にとっては憎い相手だっただろうけど…

突っ込みどころ満載なんですよね…特に高倉の妻なんですが…どう考えたってお隣さんはコミュニケーションが取れないって解るよね?なんか怪しいよね?娘は普通でほだされて交流を図ろうとするんだけど、旦那はやめとけ?って言ったよね?そして寂しさを突かれて洗脳されちゃうんだけどね…そう言う悩みを抱えてるような奥様には見えなかったんですよ。普通だけど誰にでも悩みがある…とは思うけど、あの…やっぱりそこは多少の表現が必要じゃ無い?

そして刑事…しかも二人ともなんで単独行動をとるかな?一人は高倉の元同僚だけど、高倉に頼まれてお隣さんを調べるんだろうけど刑事のカンに引っかかったんだろうね。高倉さんに方向くする前に単独で訪ねるんだよね~あかんやろ?刑事が単独行動を取っちゃ!そしてその刑事が何故か違うお隣の火災現場から発見されてその上司が高倉に接触するけど、あやうく高倉が誘拐犯にされそうな時は助けてくれたけど、偉いさんなのに単独での訪問はやっぱり不味いと言うかせえへんやろ?たぶん…

でも、この犯人…こういう人は世の中に居そうで怖かったですね。

冒頭は刑事だったころの高倉がサイコパスの取り締まりと対処を誤って犠牲者を出し、自分も負傷すると言うシーンから、その犯人は射殺されましたが、高倉は刑事を辞めて犯罪心理学を教えることに…心機一転、引っ越しをして仕事も意外と面白い。
そして大学で助手さんが事件の分類をしてるのを見て6年前の一家行方不明が事件扱いされてることが気になり、助手の勧めもあって現場検証へ。その事実を元同僚の刑事の野上が知り、協力を求めてくる。唯一娘だけが残され当時は幼く聴取が取れなかったが、最近その娘は過去を断片的に思い出している…そして高倉と野上はその女性から話を聞き、野上が一家の死体を見つけることになる。その事件に気を取られてる間に、新しい新居の隣に住む西野と言う男が高倉の妻を洗脳しはじめていた…そして西野の娘が高倉にあの人はお父さんじゃないと訴えてきて…高倉は徐々に6年前の事件の類似を見つけるんだけど既に巻き込まれてしまってた…

西野の犯行を見ると、色んな実際に起こった事件を思い出すんですよね。平和に暮らしてた家族がいつの間にか…とっても怖かったです。

トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie映画館

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL