64-ロクヨン-前編




ジャンル:サスペンス
製作年:2016年
初公開年月:2016/05/07
製作国:日本
配給:東宝
上映時間:121分
監督:瀬々敬久
原作:横山秀夫
『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊)
出演: 佐藤浩市 綾野剛 榮倉奈々 夏川結衣 窪田正孝 金井勇太 筒井道隆 鶴田真由 赤井英和 菅田俊小澤征悦 菅原大吉 坂口健太郎


わずか7日間でその幕を閉じた昭和64年。その間に管内で発生した少女誘拐殺人事件。いまも未解決のその事件を県警内部では“ロクヨン”と呼んでいた。刑事部で長く活躍しロクヨンの捜査にも関わったベテラン刑事の三上義信。私生活では高校生の娘が家出失踪中という大きな問題に直面していた彼だったが、この春から警務部の広報室に異動となり、戸惑いつつも広報室の改革に意欲を見せていた。折しも県警ではロクヨンの時効まで1年と迫る中、警察庁長官の視察が計画される。そこで、長官と被害者の父親・雨宮芳男との面会を調整するよう命じられた三上だったが、なかなか雨宮の了承を得られず困惑する。そんな中、ある交通事故での匿名発表が記者クラブの猛烈な反発を招き、長官の視察が実現できるかも不透明な状況に陥ってしまう。自らもなかなか捜査情報を得られず、県警と記者クラブの板挟みで窮地立たされた上、刑事部と警務部、あるいは本庁と県警それぞれの思惑が複雑に絡み合った対立の渦にも巻き込まれていく三上は、それでも懸命に事態の収拾に奔走するのだったが…。

犯人は、まだ
昭和にいる。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

06 64-ロクヨン-前編


前後編を一気見、次はどうなるの?ってストレスが無く堪能できます。
原作は未読、内容もいまいち解ってませんでしたが、見ごたえはありました。

昭和から平成に移り変わるたった7日間での出来事、重大な誘拐事件だけどマスコミは天皇崩御一色。そんな中、最愛の娘を失った被害者がいた…犯人を捕らえることが出来ない刑事たちが居た…でも、それはそんなに簡単な結果でなく関わった人たちの心を捕らえるには充分な内容だった。

時は過ぎ、関わった刑事は広報官となっていた。それは…出世なのか?それとも自ら望んだ事務方なのか?私には理解できず。
その管理官三上は記者クラブとトップの狭間でつらい立場。ある交通事故の匿名に記者クラブは反発、だけど広報だって上の許可がなければ実名は明かせんよね~でも、窓口になってる以上、そんな事も言ってられないんだけど、反発と溝は深くなるばかり。
そんな時に14年前、自分も関わった誘拐事件がクローズアップする。それは長官が指揮を高めるために視察すると言うものだった。
三上は言われるままに被害者へのアポを取ろうと訪れるが、そこに居た被害者は覇気がなく消沈してました。そして視察を断られる…
担当の刑事と何かあったのかと?探りを入れると三上の知らない情報が浮上する。
彼はどうしても気になりあちらこちらに探りを入れると、ある情報が隠蔽されてることを知る。
そしてそれに関わった鑑識二人に深い傷を負わせたことを知る…
三上はわが身を守ることを辞め被害者にも記者クラブの記者たちにも本音でぶつかって行く…

記者クラブの信用を得た三上だけど、長官視察を前日に迎えた日に類似の誘拐事件が勃発する!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夢眠

Author:夢眠
HPのトップページです。

別館
「夢眠の日常その3」
気ままな日常を綴り
ほぼ、毎日更新してます。

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
RSSフィード